FC2ブログ
2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009'04.28 (Tue)

日本通運社員の思う事(コメントより)

今日はちょっと余談で、公開・非公開でコメントを沢山いただきありがとうございますOK
参考にさせていただいてます。公開コメントにたくさん貰ったご意見・・・
確かに思うところ皆同じですね。そんな中で私も、コメントのコメントをして見ました・・・まずは


くり抜きハート3くり抜きハート3くり抜きハート3コメント1よりくり抜きハート3くり抜きハート3くり抜きハート3

大阪は次から次へと問題が生じる。
足を引っ張るのはやめてほしいものだ!
しっかりしろよ!大阪


今公になっているのは大阪だけかも知れませんが、これは日本通運で怒ってる出来事の中の
氷山の一角にしかすぎません涙大阪がしっかりするのではなく東京本社を始め川合社長や経営陣にしっかりしてもらいたいものです。

くり抜きハート4くり抜きハート4くり抜きハート4コメント2・3よりくり抜きハート4くり抜きハート4くり抜きハート4

日本通運の役員達しっかりしろよ!!東京本社ビルでノンビリさせたらアカン!!もう罷免だ!
大阪の労働者、泣き寝入りしない人が増えってきました。
そのうちに全国にもこ現象、事案が増えると思います、
日本通運のカルテルの問題がどれたけイメージ
ダウンになった、信用まてくして、、はかりれない損失もした。
無能の役員達よ!その本社から消えろよ!!
| 2009年04月26日(日) 00:07 | URL | コメント編集
地域社員は残業で生活がなんとか出来る賃金。
にもかかわらず残業が無くなれば生活は出来ず辞めろと言われているのと同じ。地域社員は常に残業を気にして時には媚びを売り仕事をしにくるのではなくゴマをすりにくる者も少なくない。
こんな状態をいつまで続けるつもりか?
| 2009年04月26日(日) 09:23 | URL | コメント編集


本当に役員に方々にはしっかりしてもらいたいものですね。役員は無能なのか?と言うのは何とも言えませんが・・・無能と言うよりもカルテル問題もにしてもその時だけ良ければいい。数年ばれずにきたから大丈夫だろうと考えが大企業であり政治も絡んでいるにもかかわらず安易すぎたのではないでしょうか?地域社員だけでなく全国社員も支店社員も残業をさせてもらえない・残業してもサービス残業・・・日本通運の起こしたカルテル問題の25億近い課金支払。この25億近いお金でどれだけの社員のサービス残業代が支払えたかと思います。本来なら残業がないと生活出来ない状態を改善し、残業なしでもある程度安心した生活が出来るように・・・そして働く者が媚売って残業をさせてもらっていると言うのは理不尽な話で、本当に残業をしなければ仕事が終わらない・・・それが本来の残業ではないでしょうか?まっとうに残業している社員にはサービス残業させ・・・こう言った事も改善していかなくてはいけないのでしょうか?川合社長や役員は、本社から消えろと言うのではなく、社員・株主に川合社長を始め役員の方達がきちんと謝罪し、それなりの責任を取るべきではないでしょうか?全国の社員にどう責任とってほしいかアンケートとってみたらいいのになsnと思います。

ちょっと、長くなってしまうので絵文字名を入力してください続きのコメントに関しては、後でまたアップしますねアンパンマン





スポンサーサイト



07:41  |  ちょっと余談  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.24 (Fri)

日本通運通航空事業部(日通航空) いじめ懲戒解雇に 労働審判を申し立て!

数か月前、日本通運裁判者の方に、日通航空の社員ドライバー方から相談があったそうです。
内容は絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

日通航空 いじめ懲戒解雇に 労働審判を申し立て!

大阪空港支店で働くドライバーがサービス労働を強要する上司に反発したことからいじめが始まり、見せしめの掃除やたまにしかない荷扱いだけで仕事がない下車勤務を半年も命じられ、乗務手当や残業手当など手取りが月額10万円も減るなど、追い詰められてうつ病になり、治療のため2ヶ月の傷病欠勤が終わって職場復帰の、なんと、初出勤の日に懲戒解雇されました。
ドライバーにとっては、ハンドルが握れないことと、基本給だけでは生活できない賃金実態があって残業代がないことは、とても辛いことです。会社は、下車勤務をパワハラ上司に従順な社員を作るために効果的だと懲罰的に利用しています。
今回も、企業内組合の全日通労働組合は、本人からの事情聴取さえ行わず、懲戒委員会などで会社とデキレースをして、「懲戒解雇やむなし」と結論付けています。

やむを得ず、「懲戒解雇は不当」だと、3月26日に3回で終了する労働審判の申し立てを行いました。初回の期日は5月14日(木)午前10時30分、大阪地裁8階の労働審判廷で開かれます。大阪では労働審判に傍聴は出来ませんが、多数の方々に支援に来ていただいて、報告を待ちましょう。


日通は本当にどんな違法でそれが納得いかず上司に反発してしまうとこの被害者の様にすぐにパワハラが始まります。またここでも、高い組合費を支払わされているにも関わらず全日通労働組合は何もせず会社の思うがままにさせています。本当に毎月支払ってる組合費・・いったい日通の組合は何の為にあるのでしょう!また、「うつ」で休んでいた社員に対して、突然の懲戒解雇・・病気治療で休んでいた社員に対して、「やめて治療したらどうか」と言う言葉や全くの畑違いの仕事。仕事を与えないと言うのは[退職強要]となると労働基準監督所の冊子にも記載があり、またNHKでも先日心療内科の先生が言ってました。
人間100%の人はいません。こうなるには何かあったのかもしれませんが・・社員が一生懸命荷主を増やすため、会社の赤字をなくすために働いてきても悪い事ばかりして、売上をあげ・・それが分かり、全国の自治体(取引業者)から指名停止になり会社に膨大な(25億近い課金)金銭損害だけでなく社会的信用にも損害を与えた川合社長や関わった経営陣の方こそ、懲戒解雇になるべきではないですか? 
10:05  |  いじめ・パワハラ・労働違反  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.22 (Wed)

日通SD労働契約違反裁判・第3回控訴審の報告です

日通SD労働契約違反裁判・第3回控訴審の報告です

4月16日(木)の裁判期日に合わせ、支える会のメンバーが早朝ビラまきを、日通中津車庫と大阪支店本館前で行い、450枚ほど手渡しが出来ました。新入社員も受け取ってくれました。

ビラの内容は、「おかしい会社の裁判主張」「どうなるJPエクスプレス出向」「SD賃上げ要求ナシで契約社員はゼロ回答、会社の内部留保(貯金)は従業員一人あたり9百万円以上」「カルテル問題(独禁法違反)で25億円の課徴金(罰金)支払」について書かれています。

さて、同日午後4時30分から、大阪高裁の13階ラウンドテーブル法廷で、3回目の弁論準備が開かれました。
傍聴支援者は10人程で、会社側は2人だったので、会社側を奥に追い詰め?法廷内に全員が入ることが出来ました。

女性裁判官は「日通に移籍するときに同じ仕事をしている他の日通社員が一時金をもらっているなら同じ程度の金額を期待したんでは?」と言うような関心を示され、当時、同じペリカン便集配をしている他の日通ドライバー社員への一時金支給実態を調べて報告することになりました。

なお、それぞれの反論書面は終了し、SD側は上記のような補充の書面を提出することが確認され、次回も弁論準備ですが、たくさんの傍聴者が入れる大阪高裁84号法廷で、5月29日(金)午前11時30分に開かれます。

以上が報告内容です

この裁判も始めは、何の大きな証拠もなく、日通側も有利かと思っていたのでしょうが・・・裁判中の色々なやり取りの中で日通側の話・原告側の話を聞き、また、小さな小さな証拠も
出てきて・・・
この裁判でもやはり感じた事は「嘘」や「偽り」は必ず何処かでつじつまが合わなくなったり、反論に関しても行き詰ったりと・・・しかし、どの裁判も原告側は「事実」しか訴えてないので、それが裁判官にきちんと伝わっているのでしょうこのSDの裁判も一審は勝訴しています女性裁判官は「日通に移籍するときに同じ仕事をしている他の日通社員が一時金をもらっているなら同じ程度の金額を期待したんでは?」と言うような関心を示され、当時、同じペリカン便集配をしている他の日通ドライバー社員への一時金支給実態を調べて報告する事になりましたが・・・どこまで日通がきちんと調べ・・・どこまで真実の報告をしてくるか?
皆さんどう思いますかBrilliant.
00:39  |  SDドライバー労働契約違反裁判  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.20 (Mon)

日本通運「言論の自由」侵害裁判の報告

4月14日に日本通運組合員梅川さんの裁判がありましたニコニコ。 横向き先日その内容が「全日通労組裁判を支える会」から届いきましたので掲載します

前回の弁論準備で確認されたとおり、原告側は梅川さんとAさんの二人の陳述書を3月31日に提出し併せて証人申請しました。被告組合側は少し遅れて4月2日にS大阪支部副委員長の陳述書と併せて同人一人を証人申請しています。
今回、4月14日(火)午後1時10分に大阪地裁8階第5民事部前の部屋で開かれた弁論準備では、冒頭、裁判官が異動で交代したことを知らされたあと、裁判官の進行のもとそれら陳述書と証人を確認。
そこでは、原告側が求めていたAさんの証人が裁判官から「(証人尋問までする)必要ないのでは」とされ、原告の梅川さんと被告組合側のS大阪支部副委員長が証人として採用されました。でも、Aさんの陳述書は生きます。
学者の意見書は、被告組合側は「憲法違反が正当だ」と書いてくれる学者がいないのか、原告側だけのようで、4月末までに提出できる見通しを森弁護士から報告があり、
そして、いよいよ証人尋問の日が6月5日(金)午後1時半~3時半に地裁609号法廷と決まり、今回も3人の支援者が来られていたのでこれらのことが報告されました。
組合S副委員長の陳述書は準備書面の主張の焼き直しだし、最も責任がある大阪支部委員長や公平な立場であるはずの選挙管理委員長が証言に来ないのは逃げているとしか思えません。日通社内でのそっくり返った振舞いとえらい違いです。
で、S氏が組合役員、選挙管理の両方を証言??


日本通運には「公平」に社員をみると言う人は本当に一握りなのでしょう涙日本通運も「嘘・偽り」「証拠隠滅」と後ろめたい事がなければ誰が承認に出ようがなんら問題は
ないはずbikkuri01

日本通運と言う企業の中では通用する事が世の中には通用しないと言う事sn

今まで表立って、日本通運の中でしか分からなかった事が、今は沢山の裁判を通じて世の中に知られる事になりました。これは本当に「氷山の一角」今まで何人の日本通運労働者の人が
苦しみ・・・解雇されたり・・・自主退社にさせる為にパワハラを受け精神的に追い詰められたり・・・労働違反・・・労働契約違反・・・会社の為に一生懸命働いても退職せざる状況に追い込まれ沢山の人が今まで泣き寝入りしてしまったのでしょう。
今、日本通運で働いている人の為にも梅川さんのこの裁判を勝訴する為に梅川さんと、
そして、今裁判で日本通運と戦ってる人たちと「日本通運の実態」を一緒に訴え続けます

6月初旬は、まだ繁忙期前なので・・・お時間のある方は是非傍聴にいらしてください
念の為

大橋家のブログより  http://hohashi.blog36.fc2.com/

★6月5日(金)
午後1時30分~
大阪地裁609号法廷

① S副委員長 45分
② 梅川   60分

多数の傍聴参加をお願いします。裁判終了後に大阪弁護士会館で報告交流会を持ちますので、ぜひ参加ください。
19:25  |  「言論の自由」の侵害裁判  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.19 (Sun)

日本通運にもパワハラを仲裁する第三者機関を設けるべき

こんな記事を見つけました

(2009年4月18日14時49分 読売新聞)より

「親の介護」に辞めろの例も…仙台市職員の1割パワハラ被害

仙台市職員労働組合がパワーハラスメント(職権による人権侵害)についてアンケートをしたところ、「パワハラを受けた」とする職員が回答者の1割強にのぼった。


「親の介護をするなら辞めろ」と言われた例もあり、周囲で見聞きした職員も含めると
3割に
。全日本自治団体労働組合(自治労)は「地方自治体でパワハラの実態が明らかになったのは初めてでは」としている。

自治労によると、セクシュアルハラスメントが男女雇用機会均等法で定義されているのに対し、パワハラは法律的定義が判然としない。さらに旧態依然の「お役所的体質」もあり、自治体では実態把握や管理職の指導が進んでいないという。
仙台市職労はパワハラの事例報告があったことなどから、昨年1月に非常勤やアルバイトなどを含む全職員約7500人(公営企業等を除く)を対象に調査、1856人から回答を得た。12・3%に当たる229人が「パワハラを受けた」とした。自由回答では「数か月間、口もきかず、あいさつもしてもらえない」「お茶を飲みに誘われ、『行かないと昇任に影響する』と言われた」などの訴えも寄せられた。

「髪をなでられた」「胸をつかまれた」に始まり、「拒否したら『バカ』『デブ』と仕事中に大声で言われるようになった」と、セクハラにも当たる事例も多い。「うつで休職した」「上司の前に出ると息苦しくなる」など心身の不調を訴える回答も目立った。
市職労は結果を全職員に配布し、市に対応を要請。市は今年度中にも全職員に研修を実施するとともに、「訴えがあれば、処分も検討する」(加藤邦治・人事課長)という方針を示した。市職労の伊藤啓志書記長は「氷山の一角。パワハラを仲裁する第三者機関を設けるべきだ」と話している。(2009年4月18日14時49分 読売新聞)

この記事を読んだ時日本通運の事かと思いました。私の営業所でも女性の係長でご両親とも病気を抱えており、年休を使い病院へ行ったり、入院中のご両親の担当医師との面談がある時は、残業せずに退社したりしていた係長がいましたが、その係長に次長は「年休」を使う事・「残業」をしない時がある事を「係長の分際で」と叱咤しました。その時に次長に言われた
言葉・・・

次長「係長のくせして毎月年休使ってどう思っている!」

係長「すみません両親とも入退院を繰り返しているので・・・病院に行くのに年休を使っています」

次長「親の病院なんて兄弟いるんやからお前が一人で面倒みるのはおかしいやろう」

係長「いや、2人で交代で面倒は見ていますが通院日や検査する日も両親とも別々の日だったり、兄も働いているのでそんの辺は分担してやっているのですが」

次長「それやったら、二人とも働いているなら、誰か人を雇って親の面倒みてもらったらどうや、二人でお金出せばどうにかなるやろ!」


と言われたと、夕方帰る時に係長から聞きビックリしました。「年休」は労働者の権利である事。「残業」はその日の仕事が終わらずにやらなければいけない時に残ってするもの。
日通の場合は今は不景気で「残業するな」と言っていますが、つい数か月前までは「残業するのが当たり前」で仕事が終わって定時で帰る事が多いとボーナスの査定に響いたり・・・かといって残業してもある程度の時間までしか残業手当は貰えず怒後はサービス残業怒そんな中で入退院繰り返してる親の面倒を、お金払ってまで他人を雇い面倒見させろと言った次長の言葉には驚きました。そんな事を言っている次長は「ゴルフ」で休み「故郷の親が年だから」と年休を何日間も取り、年に何回かの里帰り怒仙台市だけではありませんbikkuri01日本通運も今まで表沙汰になったり裁判になったりしている事は氷山の一角。日本通運にもパワハラを仲裁する第三者機関を設けるべきだと思いませんか?
06:34  |  ちょっと余談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.15 (Wed)

日本通運指名停止

日本通運を指名停止/香川県
2009/04/01 10:13

香川県は31日、燃油サーチャージなど国際航空貨物の運賃や料金について、価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会から排除措置命令などを受けた日本通運(東京)を同日から3カ月間の指名停止にしたと発表した。県によると、高松、丸亀、坂出、観音寺、さぬき、東かがわの6市も県と同様の措置を取る予定。

こんな記事がありましたbikkuri01
日本通運社員が一生懸命営業し、荷主を少しでも増やそう、そして、日本通運社員・下請けの人達が会社の為に一生懸命、朝早くから、夜遅くまで配達し営業がとってきた大切な荷主を失わない為にと頑張ってやってきた事が涙川合社長や経営陣によって荷主から信用を失う事になりました怒社員・下請けがミスしただけでもパワハラや叱咤が酷く、しかし、それらは、荷主さんへの謝罪で終わる事ですが・・・今回は信用をなくした上に利益まで失いました。社員や下請け派遣社員はとことん追い詰められますが・・・川合社長や経営陣の方は、たった3か月の微々たる減給だけで責任は償えるのですか?
社員にはもっと厳しい責任を負わせたり、精神的に追い込んだり、そして命まで奪っている
日本通運涙
皆さんどう思いますか?
22:10  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.14 (Tue)

日本通運・・・寄付している場合ですか?

今日は13:10から日本通運組合員梅川さん「言論の自由」侵害の裁判です!?裁判の詳細に
ついては後ほどアップしたいと思いますそんな中先日ちょっと小耳に挟んだ事があり
インターネットで調べて見ました。それはこちらこちらこちら

日本通運(株)および全日通労働組合からの寄付金受贈式について

日本通運(株)および全日通労働組合から、(財)佐藤交通遺児福祉基金に対して次のとおり寄付金の贈呈が行われます。
■1 日時   平成21年3月12日(木)午後1時30分~

■2 場所  県土整備部会議室(群馬県庁21階)

■3 寄付者 ・日本通運株式会社 群馬支店(支店長 竹内 努)
         ・全日通労働組合 群馬支部(執行委員長 小宮 勝義) 
    高崎市八島町43

■4 出席者  日本通運:竹内支店長、奥村業務次長、小宮執行委員長
          佐藤基金:重田県土整備部技監、茂木交通政策課長等

■5 寄付金額   237,000円

■6 過去の寄付状況
 日本通運株式会社群馬支店および全日通労働組合群馬支部では、昭和56年度から交通遺児への支援として、佐藤交通遺児福祉基金へ寄付を行っています。(今回で37回目)
     寄付累計(今回含む) 5,747,629円

■7 寄付先  財団法人 佐藤交通遺児福祉基金(前橋市大手町1-1-1 群馬県庁交通政策課内)

【 参考 】
(財)佐藤交通遺児福祉基金の概要
・設立     昭和46年11月1日 ※太陽誘電(株)創立者・佐藤彦八氏からの寄付金を元に設立           理事長    大澤 正明(群馬県知事)
・事業内容  県内在住の交通遺児(19歳未満の児童生徒)に奨学金、入学祝い金、卒業祝い品           等の給付等
・奨学生数  141人(3月9日現在)

と言う内容です。私達から集めた組合費等が、こうやって他に何かのお役にたっていると言う事は嬉しいですが・・・ちょっと複雑な気持ちですね。このお金が組合費から出ているか?は分かりませんが外の機関に寄付している場合なのか?寄付している側の日本通運が
「カルテル問題」「偽装請負」「安全配慮義務違反」「パワハラ」等で25億近い支払い命令や訴訟問題・・・そして売上減少等で日本通運自体の社員も守る事出来ない中・・・社員は高い組合費を支払っていても組合は組合員を守ってくれない。相談に行っても会社に筒抜けになるだけで後は何もしてくれないイラそんな声が沢山ある中・・・まずは日本通運の為に一生懸命働いてきている社員の為に何かしないといけないのではないでしょうか?
16:33  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.13 (Mon)

日本通運とのこれからの戦いと大橋さんの野田大臣との貴重な面談

先週から春の陽気になり暖かくなってきましたがここ数日は初夏を思わせる暑さになりましたね

大橋家のブログに書かれていた様に4月は沢山の裁判が待っていますひよこ日通との戦いは時間がかかっていますがsn逆に、この皆が戦っている間にも色々な日通被害者の人たちが、相談に来たりと少しずつ日通被害者の輪が大きくなって、今ではその力も皆の団結で強くなってきています。皆が裁判が長引いてもこうやって日通と戦う事にくじけないのは日通被害者の人達は「事実」しか訴えていない事。日通と違い、何を言われても何を調べられても、何も嘘や証拠隠滅はないのでこうやって堂々と裁判を公表しながら戦っていけるんだと思います。今は精神的労災認定の基準項目も増やすほど、職場のパワハラ、労働問題は重要視されています。先日大橋家のブログにも書かれていましたが、3月31日大橋さんの奥さんが野田大臣に会いに行きました。きっかけは大阪枚方であった遺族の展示会に野田大臣が視察にいらして時に大橋さんのご主人のパネル写真を前に野田大臣と話した中で、「私たち一個人で、日通という大企業を相手にするのは大変難しいので、企業の現場で起こっている自殺についての調査は、行政機構を設けて、徹底的に追求していただきたくお願いします」と強く訴え、野田大臣は「分かりました。」と力強く回答してくれた事。そして、展示会はいつもとなく、良い方向に進んでいるという希望で満ち溢れて、他の遺族の方々も戦う勇気が沸いてきた事。そして最後に、野田大臣は気さくに、「私は内閣府中央合同庁舎第四号館にいますので、遺族活動の方はいつでも訪問ください」とおっしゃって下さった事がきっかけで、野田大臣と今回会う事になりました。大橋さんの奥さんも3月の展示会の準備やテレビの取材や日通裁判の傍聴、6月の証人尋問の準備等があったので、私が代わりに野田大臣の事務所へ連絡をし、日時等の日程を調整させていただきましたが、とてもお忙しく、調整が難しかったのですが、野田大臣も秘書の方も大橋さんの気持ちが伝わっていたのでしょう、貴重な時間をどうにか調整し会う時間を作ってくださいました。秘書の方も何度もご連絡をくれありがたかったです。
そして、私は日にち的にも時間的にも調整ができず同席が出来なかったのですが、当日大橋さんからご連絡いただき、日通の話ができた事、資料も渡せた事、アメリカに住んでいる息子さんからの手紙を渡し、その際息子さんに返事を書きますと言ってくれた事を聞きました。決して長い時間の面談ではありませんでしたが関西から東京まで野田大臣に面談に行った事は決して無駄ではなかった。と話していました笑い。こうやって、始めは一人で・・・そして日通裁判と戦う人たちだけで地道にコツコツとやってきていた事が、日通が証拠隠滅等し裁判を延ばしていくうちに・・
段々と日通裁判を追うマスコミや色々な展示会での日通と関係ない人たちまで日通の事を知り、そして退職した人達からの情報や現役社員が情報をくれたり・・・そして、野田大臣との面談と段々と今、輪が広がってきています手書き風シリーズ26ピースこの他にも、今弁護士さんに相談してる人や労働基準監督署に相談行っている人もいます。今まで、日通は大企業だから・・・と泣き寝入りしてしまってた人が沢山いたと思いますが・・・これからは、泣き寝入りする前に色々な所に相談して下さい。今CMでやっている法テラスも相談に乗ってくれます。私のブログでも、
大橋さんのブログでも、また日通の事に関してブログ立ち上げている人が他に数件もあります。また色々な労務士さんのブログに日通に対して厳しい書き込みされている方も沢山います。もし、どこに相談していいかわからなかったらコメントいただければ分かる範囲でお答ええします。
日通にばれたくないコメントであれば非公開にチェック入れていただければ、ブログコメントには公開されませんので新入社員の方は4月末~5月と覚える事が沢山ありますが体に無理しない程度に頑張ってください
02:09  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.10 (Fri)

日本通運の「偽装請負」

今日はぽっかぽか♪パソコンが調子悪く涙中々更新ができず・・今日どうにか・・・最近、精神的障害の労災認定の基準改正やらと、この不況の中色々な改正が出来、企業も色々考えなくてはいけない事が沢山出てきたのではないでしょうか?そんな中・・・

星朝日新聞より星

通が配送で「偽装請負」 大阪労働局が是正指導2009年3月28日日本通運(本社・東京)が運送会社や個人事業主に委託した宅配業務について、直接の雇用関係がないのに配達場所の変更などを直接指示する「偽装請負」の状態だったとして、大阪労働局から労働者派遣法違反などで是正指導されていたことが分かった。指導は2月24日付。

同社によると、指導があったのは大阪府東大阪市の配送拠点「城東ペリカンセンター」。運転手35人中、31人が下請けの従業員や個人請負だという。朝礼への参加▽アルコール検査▽運転免許証の確認▽仕分け作業などについて日通社員が指示していた。

同社は全国の他の事業所でも同じ運用をしており、同社広報部の担当者は「適法に運用できるよう、改善を検討している」と話している。


星産経新聞より星

日通、配送業務で“偽装請負” 大阪労働局が是正指導
2009.3.27 19:10

このニュースのトピックス:不祥事
荷物の配送などを委託していた個人請負の運転手に対し、自社の社員と同じように業務指導などを行っていたのは“偽装請負”の状態だった可能性があるとして、大阪労働局が運送会社大手の「日本通運」(東京都港区)に対し、労働者派遣法に基づく是正指導をしていたことが27日、分かった。

同社などによると、大阪市内の配送センターで平成17年8月から運転手をしていた男性について、社員と同様に朝礼に参加させて運転マナーを指導。携帯電話や荷物を管理するための端末を持たせ、仕分けの作業を任せたり、社員が男性に配送の指示なども行っていたという。男性は日通と直接の雇用契約はなく孫請けで、20年7月まで運転手を務めていた。

日通広報部は「元請けの責務として、運転手に日々の指導などを行っていたつもり」としながらも、「是正指導を厳粛に受け止め、適正化を図っていきたい」としている。


先日新聞に載っていた記事です。この記事を見て色々確認してみました。
新聞にはこれだけの内容ですが、実際には・・・
「不在の再配達」「集荷指示」「チャーター指示」等も直接、日通社員から指示命令してはいけない事bikkuri01
新聞に書かれているような内容に加え、こう言ったのも全て偽装請負になるようです。
しかし、日本通運は貴重品のチェックやPVGのチェックも全て下請けが任されっぱなしのところも多い。また、繁忙期の時期に臨時で入るドライバーには高齢の方も多く、中々日本通運のSPEED(日通専用パソコン)端末の操作にも戸惑い、ミスしたときの係長や課長の叱咤は本当に酷く・・・聞いている我々が涙が出そうな時もあります。しかし自分が手配ミスしたりした時は笑いながらコソコソとドライバーに連絡をし、手配漏れのフォローをお願いしたり・・・実際、再配達の指示は労働法で違反かも知れませんが、急いでいるお客様等から連絡が来ると、まだドライバーが近くにいればと急いでドライバーに連絡する。また、もしドライバーが近くにいれば1つでも多くドライバーも早い時間に配達を済ませたいのもあるので、直接ドライバーに連絡した方が一番ベストなのかもしれないが・・・
日本通運には「助け合う・お互い様・ありがとう・思いやる」そんな言葉も、気持もなく下請・派遣がミスすれば小さい事も大げさにし過大な𠮟咤するが、日本通運がミスした時は内々で処理し、またそんな時だけ下請け・派遣にへらへらと笑いお願いする。ドライバーが運転中でも車を止めさせ𠮟咤する。
そんな事があるから今回こんな事になったのではないでしょうか?実際、全国の日本通運の営業所が下請けが中心に配達・集荷等、やっている訳ですから今更「知らなかった、そんなつもりはなかった」と言うのは、大企業としてどうなんでしょうか?カルテル問題も新聞で「まずいともって途中でやめた」等のコメントが書かれていましたが・・・と言う事は分かっていてやっていたと言う事。今回のこの件も同じではないのか?と・・・全国の労働基準監督署に全国の日本通運に調査に入ったら、日本通運は1から会社を見直さなければいけない事がよく分かると思いますね
 
17:10  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'04.03 (Fri)

日本通運アスベスト訴訟に明るい展開

だいぶ桜が満開になってきましたね絵文字名を入力してくださいそして・・・吉崎さんのアスベスト裁判にも・・
ちょっぴり桜が・・・

Brilliant毎日新聞記事よりBrilliant


 アスベスト(石綿)で中皮腫を発症するなどして生前に労災認定された患者3人の遺族に対し不開示とされていた認定の際の調査資料について、内閣府の情報公開・個人情報保護審査会が、3件とも開示するよう厚生労働相に答申していたことが分かった。厚労相は近く開示決定するとみられる。石綿被害者の遺族は、発症原因となる職場状況などを把握できないことが多く、会社との交渉などで不利になりやすかった。今回の開示答申は、今後の補償、救済を促すことになる。【大島秀利】

 開示を求めていたのは、奈良県と兵庫県で働き中皮腫を発症した元日本通運社員2人と福井県で働いていた1人の遺族。

 このうち、日通の吉崎忠司さん(当時67歳)はニチアス王寺工場(奈良県王寺町)の駐在員として勤務。退職後、中皮腫を発症し04年10月労災認定されたが、05年に死亡した。遺族は会社側と交渉するにあたって、07年に労働基準監督署による職場状況の調査の報告書(復命書)の開示を求めたが、奈良労働局は翌月、不開示を決定した。遺族は08年、審査請求した。

 労働局側は不開示の理由として、生前に患者が請求した労災認定に基づく調査資料であることから、「遺族の個人情報には該当しない」としていた。

 これに対し、審査会は、遺族が、患者本人の労災認定に基づく支給を受けているので、補償の請求権は遺族に相続されたと判断。その上で、調査資料は「患者の相続人である遺族を本人とする個人情報に該当する」とし、不開示決定の取り消しを答申した。他の2件も同様に答申した。

 今回の答申について、吉崎さんの次女の和美さん(40)は「持っていた情報がとても限られていたので、開示の答申によって、訴訟でも道が開けていくきっかけになればと期待している」と話した。

今まで、労働基準監督署が資料の提示を拒み、また、日本通運側も日本通の社員として散々貢献してきた社員に対し、どこで、どう言った仕事をしていたか?と言う事も把握できていなく(知らないふり?)・・吉崎さんは労災は認められ、調査資料が、この裁判の1つの鍵になっていたのですが・・・
今回、これにより開示になれば吉崎さんも1歩裁判も前進できると思います。
そして、思う事は、こうやって、吉崎さんや大橋さんの様にコツコツと「真実の訴え」をしていればこうやってその努力が蕾になり少しずつ咲いてきます。嘘や隠滅はこうやって何かの形でマイナスとなって返ってくると言う事です。

吉崎さん本当に良かったですねキラキラ(オレンジ)まだまだ皆で応援し続けますピース
22:41  |  アスベスト訴訟  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT