FC2ブログ
2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009'06.30 (Tue)

日本通運株主総会PART1

2009年6月26日(金曜日)に日本通運株主総会がありました。
関西から、日通労働者連絡会の方・今被害者として戦っている方・支援の会の方・そして、東京の様々なユニオン組合の方が集結し新橋駅の前でのビラ配り。そして日本通運本社前にてビラ配りがありました。1部の人は直接会場へ入り株主総会へ参加してまいりました。ビラを配り、マイクで日通での様々な問題を訴えたり・・・そんな時、株主総会を途中で出られた方が大きな声でマイクで話してる人に向かって
「がんばれよ!」
と何度か声援を頂きました。

今日は、たくさんの方に配りましたビラの内容をアップします。(NO1・NO2)


(1).日通航空イジメ自殺裁判(大阪地裁)
永年働いていた男性社員が、日通の健康診断でC型肝炎が見つかり、旅行を扱う事務職だったのに首都圏の別会社に作業員として出向させられて肝炎治療の機会を失い、その後大阪に戻って来て肝炎治療で入院加療していたが、執拗な退職勧奨を受けうつ病になり、うつ病で入院後復職したもののイジメにあって自殺し、川合社長など会社が不誠実な対応を繰り返したため、遺族3人が損害賠償請求で裁判に訴えた事件です。現在第一審で審理中です。詳しくはブログ「大橋家日通との戦い」で見れます。

(2)日通ペリカンSD(サービスドライバー)労働契約違反裁判(大阪高裁)
日通ペリカン便(宅配)部門の専業化により、子会社のドライバーを親会社である日通に移籍させるために、「賃金や一時金は変わらない、退職金はないが歩合で稼げる」と言われ移籍したが、実際は、「一時金はなし、賃金は大幅ダウン」となり、労働契約違反だとして男性SD社員4人が損害賠償を請求した裁判で、第一審は原告勝訴したが、会社は控訴し、現在は高裁で審理中です。

(3)王寺アスベスト補償裁判(大阪地裁)
40年ほど前に、奈良県の王寺にあった日本アスベストに日通からの駐在員として働いていた男性社員が、退職後に中皮腫を発病し、労災が認められたあと亡くなられましたが、亡くなる前にせめて慶弔見舞金規程にある補償をして欲しいと日通に要求していたが、「退職者には払わない」として拒否され、その後、遺族が裁判に訴えた事件です。現在は第一審で審理中です。

(4)日通航空うつ自殺安全配慮義務違反(神戸地裁)
日通航空の明石から大阪に異動になった男性社員が慣れた現場から管理的な業務に就くプレシャーからうつ病となり、上司に診断書を提出し療養を申し出たが受け取ってもらえず、「会社にはリハビリのつもりで来い」などと言われ、妻が診断書受理を強く依頼しやっと治療のために休むことになり、その後にうつ病の原因となった配転先の職場に復職し、仕事の指示がなく放置された疎外感から自殺したのは、日通が十分な復帰支援を行わず、安全配慮義務を怠ったことによるとして損害賠償を請求した裁判です。

(5)尼崎アスベスト補償裁判(神戸地裁尼崎支部)
アスベスト(石綿)の運搬作業で、中皮腫や肺がんを発症して死亡した日通の元男性社員5人の遺族計16人が、安全対策を怠ったとして日通と運搬先の機械メーカークボタに損害賠償を求める訴訟を神戸地裁尼崎支部に起こした裁判です。元社員5人は、運転手として勤務し、神戸港やクボタ神崎工場などで石綿が入った袋の積み降ろし作業を担当。袋からこぼれた石綿の粉じんが大量に舞っていたが、防じんマスクは配布されなかった。5人は死亡。労働基準監督署から石綿が原因として労災認定を受けた。遺族側は「当時から石綿の危険性が指摘されていたのに、粉じん濃度の測定など何の対策も取らなかった」と、労災で死亡した現役社員を対象とした、慶弔見舞金規程で定める補償を求めています。第1回目の口頭弁論が行なわれました。

(6)日通航空イジメ降格配転不当裁判(仙台高裁)
日通旅行に事務職として勤めていた男性社員が、旅行部門のリストラのためパワハラに遭い、もともと神戸で働いていたが、和歌山の白浜に転勤後、仙台へ飛ばされ、不当な懲戒処分による降格のうえに作業職にされた。最初は労働審判に申し立てて勝利したが、日通がそれを不服としとして裁判に訴え日通は敗訴。それに懲りず日通は控訴し今は仙台高裁で審理中です。

(7)全日通大阪支部言論の自由侵害裁判(大阪地裁)
男性社員が組合役員選挙に出馬して職場掲示用ビラに書いた「労働契約違反・いじめ自殺・アスベスト補償問題を取り上げてがんばります」などの所信表明が執行部側から「適切でない」と一方的に削除された。“言論の自由”と“団結権行使”の侵害で、会社経営にとってもよい結果をもたらすだれもが働きやすい日通にするための、労働者側からの努力はまったくせず、むしろ妨害する組合のあり方を問う裁判です。

(8)日通航空懲戒解雇不当労働審判(大阪地裁)
大阪空港支店で働く男性ドライバーがサービス労働を強要する上司に反発したことなどからいじめが始まり、見せしめの掃除やたまにしかない荷扱いだけで仕事がない下車勤務を半年間も命じられ、乗務手当や残業手当など手取りが月額10万円も減るなど、追い詰められてうつ病になり、治療のため2ヶ月の傷病欠勤が終わって職場復帰の、なんと、初出勤の日に懲戒解雇されました。「懲戒解雇は不当」だと、労働審判の申し立てを行いました。

(9)日通ペリカン偽装請負裁判準備中(大阪)
個人請負の男性運転手に対し、日通の社員と同じように業務指導などを行っていたのは“偽装請負”の状態だったとして、大阪労働局が労働者派遣法に基づく是正指導をした。   社員と同様に朝礼に参加させて運転マナーを指導。携帯電話や荷物を管理するための端末を持たせ、仕分けの作業を任せたり、社員が男性に配送の指示なども行っていた。日通は直接の雇用契約をせず孫請け。日通広報部は「元請けの責務として、運転手に日々の指導などを行っていたつもり」だが「是正指導を厳粛に受け止め、適正化を図っていきたい」としていたが、団体交渉も拒否し、まったく誠実に対応していない。過酷な労働のため心身に不調をきたしすでに退職しているが、近々裁判所に提訴する予定。

以上がビラの内容でした。NO3については明日アップしますグー!
スポンサーサイト



21:33  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'06.19 (Fri)

大橋家証人尋問(和弘さん)

毎日毎日雲傘が多くはっきりしない嫌なお天気ですねウルルこんな時は体調を崩しやすいので、皆さんお体気を付けて下さい
今日は6月8日にありました「大橋家証人尋問」について・・・今日は次男和広さん証人尋問の様子についてアップしたいと思います。

大橋家の証人尋問は傍聴席に入れない人も何人かいらっしゃり、交代で傍聴したりと沢山の応援者のもとで始まりました。

(大橋家のブログより抜粋)
主尋問は事前に提出されている陳述書通りに行われるのですが、練習していた通りに発言できず、さらに緊張しましたが、井上弁護士の巧みな質問で予定通り、しっかり主尋問に答えることが出来ました。また陳述書の中に書きれなかった、当時の状況などもしっかり主張できたと思います。

そしていよいよ日通弁護士からの反対尋問です。(大橋家のブログより抜粋)

被告日通側代理人の弁護士は冒頭に父の性格や生前の普段の様子に関する質問をしてきました、その後はインターフェロンの副作用についての認識や、闘病生活中の話、管理職ユニオンに加入したいきさつやイエローカードに関する質問が続きました。被告日通側弁護士が質問してきた内容には、主張するべきしっかりとした理由がすべてにあり、私はありのままの真実を話し、時には陳述書に書ききれなかった事実など証言しました。

今まで大橋家は非公開裁判で、争点整理や文章での陳述書の交わしでした。争点整理は大橋家にとっては何年も日通がお父さんに対して苦しめてきているのを見ていて、本当なら沢山沢山ありすぎて、争点を凝縮するのは難しかったっでしょう!そして、日通側からの心無い陳述書を見るのも辛かったでしょう。文章であれば、何度でも書きなおしも出来る。また、質問に関してのみ書けばいい、だから日通側の陳述書はその場しのぎの文章になっていたのか?陳述書ではまるで日通の対応は問題ない。そんな意味で言ってない。そんな事は言っていない。と言う自信あるものでしたが、6月1日の日通反対尋問の際は、大橋家のブログを見て怖くなり証人出廷を考えた。退職強要をした事を今は後悔している。イエローカードに関しては理不尽な回答と・・・反対尋問はどんな事を聞かれるか分からないし、尋問されている人しか答えられない。誰も帳尻合わせる為の訂正も出来ない。これが証人尋問の怖いところです。でも今までも事実をきちんと話していれば、堂々としたものです。沢山の人の前で証言台に立つと言うのは人生の中で滅多にない事である上に緊張はすごいと思います。
大橋家の家族はこの数年日通の対しても裁判官に対しても真実しか訴えていません。
和広さんはアメリカに在住しているため、この証人尋問の数週間前に帰国されましたが、和弘さんがお父さんに対する思い。日通に対する思いはずっと一緒です。だから今回の証人尋問は今まで通り真実を述べるだけでしたので、緊張は感じたものの、堂々たる証人尋問でした。

和広さんお疲れ様でした。きっと天国のお父さんも、そんな和広さんを見て「ありがとう」と言ってるでしょう。これからも皆で応援します。頑張っていきましょう

次回は錦美さんの証人尋問についてアップいたしますペロッ
13:17  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'06.13 (Sat)

日通側証人尋問

今日は6月1日に日通側の証人尋問がありましたので簡単に内容を報告と・・・傍聴者が思った事を
書きたいと思います内容は「大橋家日通との戦い」より抜粋さっせてもらいましたが、ちょっと長くなってしまうので、部分部分で抜粋してあるのもありますので・・・詳細に関しては大橋家のブログを覗いてください

元保健指導員への尋問

声はすごく聞き取りづらく、消え入りそうな声で証言をしていました。裁判官や弁護士に、何度も聞き返され、大きな声で答える様に促されていました。

日通側弁護士は、冒頭に「あなたは最後まで出廷するのを迷っていましたね。それはなぜですか?」と質問し、元保健指導員は、「大橋家ブログを見て、社会から抹殺すると書かれていたので、子どもも家族もいるし、とても怖かった」と答えました。(詳細は大橋家日通との戦いへ)

きっと「抹殺」と言う言葉は本当に抹殺と言うのではなく、それくらい、この大橋家は何年もお父さんがC型肝炎を患っていながらも、会社の為に一生懸命働いてきたいる姿を見て・・・一生懸命働いているにも関わらず、日本通運は病気治療の為に入院を病院に進められてにもかかわらず、「退職強要」し、そして、仕事に復帰すればパワハラされ「うつ病になり自殺」にまで追い込まれた家族です。本当に無念で仕方ないはず。この元保健指導員も「子供も家族もいる」と言っていましたが、それは大橋家も同じ。と皆傍聴者は言っていました。
きっと大橋家はこの無念さをどう伝えたら・・・と思いこれくらい本当に無念で悔しいと言う気持ちと言う表現で書いたのでしょう。家族・子供を持っているのは同じ。
自分達家族だけが良ければいいのですか?思いはみんな一緒です

次長(詳細に関しては大橋家日通との戦いを)
反対尋問の際に、「身を引いたらどうや」という発言に関しては事実を認めた上、「家族と病気を抱えた50代の人に会社の上司からそのような発言をされたらどう思う?」という原告弁護士の質問に対して、「今思えば申し訳なかった、配慮が足りなかったと、後悔していた。自分もうつ病に罹患しているので、疾患がある人の気持ちがわかる」と答えました。



課長
課長に対する父の勤務状況についての尋問には、「私が赴任してからは、残業はまったくなかったし、土曜出勤はなかった。」と答えました。 反対尋問の中で、父の病気に関する認識、転属前の仕事に関しては、「C型肝炎で治療を受けている事知っていたが、うつ病に罹患している事はまったく知らなかった、また「転属前の仕事の内容は知らない」と答え、

イエローカードについては「出したのは一枚」、また「イエローカードという題名をつけたのは、注意という言葉よりも軽い意味でつけた。内容は、ミスをしたのはしょうがない、3連休はゆっくり休んで、連休明けから頑張ろうという内容だった」と答えました。

反対尋問では「サッカーでは警告という意味だから、あたなは上司からそのようなメールが出されたら、どう思いますか?」という質問では、「イエローカードに対する一般人の認識はわからない。」と答えました。


管理職でありながら、「転属前の仕事の内容は知らない」のは通用するのでしょうか?管理職であればどこから転勤してきたのか?同じ日本通運でもいろいろな部署があり、それぞれ仕事内容が違います。よく、転勤の時期になると我々平の中でも「今度、ここの営業所から、こう言う人が来るらしい」と言う話になります。また、転勤してくれば管理職から朝礼などで紹介されます。以前の職場でどんな仕事していたか分からない?もしそうであれば、この管理職の方だけに日本通運は内緒にでもしていたんでしょう。そんな、何も大橋さんの事を分からない人が、どうして、ミスした時だけ「イエローカード」なんて言うメールで注意したのでしょう。
また、反対尋問では「サッカーでは警告という意味だから、あたなは上司からそのようなメールが出されたら、どう思いますか?」という質問では、「イエローカードに対する一般人の認識はわからない。」と答えました。
「一般人の認識が分からない」この言葉自体がパワハラを主張しているように感じ取りました。
「一般人」てどんな人の事?では、この課長は「何じん」?一般人ではないのですか?こうやって、会社の管理職が、「人」に対して格差を付けるような言葉が出てくるようでは、やはり会社のワンマンさが感じられます。「一般人の認識」と言うよりも、パソコンで「イエローカード」と言うタイトルでメールを送る事自体がおかしいのでは?内容は、「ミスをしたのはしょうがない、3連休はゆっくり休んで、連休明けから頑張ろうという内容だった」と答えていましたが、こんなにやさしい短い内容であれば、わざわざメールせずに、本人に直接声をかけてあげれば済む事ではないですかね?
我々は一般人なので認識が違っているのか?傍聴者、皆が不快にそして不思議に思った回答でしたね

総務

総務の方は私達が父の遺品を会社に取りに行った時の証言をしました、「二人から1メートルくらい離れた場所で静観しており、二人の行動を阻止などはまったくしていない。」 また「イエローカードというメールが2通あるという主張が原告から行われた後に、自分がメールの受信欄を確認した時、イエローカードは枚数は一枚であった」と答えました。

以上ご報告でした。8日の証人尋問に関しては、またアップします

20:03  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2009'06.08 (Mon)

大橋家の証人尋問無事終わりました

今日、大橋家の証人尋問が終わりました皆さんお忙しい中、傍聴席も満席で中に入れない方もいらっしゃいました。本当に応援ありがとうございます。

証人尋問の最後に、妻 錦美さんが自身で裁判官にお願いをし現在の心境を話しました。

「夫は37年7か月一生懸命働いてきました。何故うつ病になり自殺まで追い込まれたかのか無念。もっと生きたかったはず。残された私たちは一生涯辛い思いを背負っていかなくてはならないと思うと胸が痛みます。日通は認めて責任をとって夫の名誉を回復して二度と同じ犠牲者をださないようにしてほしい」

と涙をこらえてえいたものの、涙声になりながら話していました。

私達も実際日通で沢山のパワハラや体調壊しながらも働いている人達も見てきて、そして、自分自身も、高熱が出ても仕事していました。なので大橋家の1日・8日のこの2日間の証人尋問は本当にフラッシュバックしてくるような・・・そんな証人尋問でした。

取りあえず、傍聴に来てくださった皆さんへのお礼と・・・
いつも応援して下さっている日通関係者の方へ無事に終わりました事、
簡単に報告させて頂きます。ありがとうございました。

大橋家の2日間の証人尋問の詳細内容に関しては、後日アップいたしますハート(緑)
22:52  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'06.06 (Sat)

「日通労働者連絡会」が発足致しましたのでご報告いたします。

本日「言論の自由」侵害・・・梅川さんの裁判がありました。悪天候の中、沢山の方の
傍聴有難うございました絵文字名を入力してください始めは本当に1つの裁判でしたが、今ではこのブログに書かれている以外にも、日本通運と戦っている人もいます。そして、これから戦う準備をしてる人もいますあ裁判や労働審判と聞くと、とても自分一人で大手企業と戦うのは無理だと今まで諦め泣き寝入りしていた方も、沢山いると思います。
そして、今も悩んでる人も沢山いると思います。また、労働法等も当然分からなく・・・
そんな沢山の方の為に絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

本日 2009年6月5日 大阪弁護士会館にて

「日通労働者連絡会」が発足致しましたのでご報告いたします。

日通労働者連絡会の活動目的は、

・日通関係の労働相談窓口として、新たな闘いの支援を行う

・日通から被害を受けた方々の情報交換と交流と学習と支援の場とする

・現在日通を相手取って行われている7件の裁判、1件の労働審判の支援

連絡先

「アルバイト・派遣・パート 関西労働組合」

大阪市北区東天満 2-2-5 第二新興ビル 605号
電話番号:06-6881-0110 FAX:06-6881-0782
Email:mu-ohhashi@mu-kansai.or.jp

担当 大橋直人氏  (名字がたまたま大橋家と同じです)

なお、相談に関しては秘密厳守の元、無料で行っておりますのでご相談がある方はお気軽にご連絡下さい。


裁判するしないだけではなく、どんな小さな悩み・相談でも受け付けていますので、
まずは諦めずに相談してください手をつなぐ

梅川さんの「言論の自由」侵害裁判の詳細については後日アップします。
01:04  |  いじめ・パワハラ・労働違反  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'06.02 (Tue)

大橋家証人尋問そして組合員梅川さん証人尋問

今日からいよいよ6月ですねペロッ衣替えの季節になりましたねきらきら

そして今日は大橋家証人尋問が行われましたやったぁ今日は日本通運側の証人尋問でしたが、沢山の傍聴ありがとうございましたアップきっと沢山の証人の方が傍聴に来てくれてえいたのは、大橋家の家族の絆と思いがこうやってみんなの心を動かしたんだと思いますsn2そして6月8日(月)は、いよいよ、大橋家妻錦美さん・次男和広さんの証人尋問です絵文字名を入力してください午前・午後と1日かけての証人尋問。当然、当時のお父さんの事思い出して沢山の感情が沢山出てくるでしょう。錦美さん・和広さん沢山の人が大橋家の心の叫びは知っています。今まで非公開でしたが、
今回は皆がすぐ側で大橋家の心の叫びを聞きながら頑張れと応援しています。真実は一つOK
大橋家の裁判に関してはまた後日アップしていきたいと思います。

そして・・・その前に6月5日(金曜日)日通組合員梅川さんの証人尋問があります・・
内容は・・・絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

梅川さんは組合員として、社員を守る為に・・・そして、パワハラや労働問題が日通の中で増え・・
それを改善し働きやすい職場をと・・しかしながら、日本通運は皆さんのからのコメントにもある様に
高い組合費を納めていながらも組合は中々労働者を守ろうとせず・・・会社に全て筒抜けになってしまっている・・・そんな社員の不満が沢山あります。本来組合は労働者の為に活動していくものではないでしょうか?梅川さんは、労働者の為に活動できるきちんとした組合を立て直す為に選挙に立候補しましたが・・・日通は会社の為にならない事は徹底的に妨害してきます。梅川さんもそう言ったことから
選挙の際に「言論の自由」を御用組合から侵害されました。

そして、今回はいよいよ公開証人尋問となりました。日程は

6月5日(金)午後1時30分~大阪地裁609号法廷     
① S副委員長 45分
② 梅川さん  60分


裁判終了後には大阪弁護士会館で報告交流会を持ちますので、皆さんのこれからの自分を守る為の知識を持つために是非沢山の人達に傍聴へ来ていただきたいと思います sn2
00:16  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |