FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009'07.13 (Mon)

日本通運を偽装請負で提訴 ストレス障害罹患で1930万円請求

毎日毎日暑い日が続いていますが皆さん体調は大丈夫でしょうか?
私はちょっと怪我しまして涙中々ブログが更新できずにすみませんふるーつ☆Cultivation・汗(小)ちょとずつ復活しつつ更新していきます。
今日は先日、関西にて「偽装請負」で下請けで働いていた方が提訴いたしましたので産経新聞より抜粋した記事をアップします↓↓

日通を偽装請負で提訴 ストレス障害罹患で1930万円請求
7月7日17時6分配信 産経新聞

大手運送会社「日本通運」(東京)の集配業務を別会社を通じて請け負っていた男性(45)が7日、「偽装請負で黙示の労働契約があった」として日本通運を相手取り、未払い賃金や過重労働でストレス障害に罹患(りかん)したことに対する慰謝料など約1930万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状によると、男性は平成17年9月から、東大阪市内の日本通運配送センターに勤務。社員と同様に朝礼に参加し、業務命令はすべて日本通運から受けていた。

形式上の雇い主だった運送会社とは給与支給時以外にかかわりはなかったが、給与の1割を中間搾取。男性はストレス障害を発症し、20年7月に退職した。

日本通運をめぐっては、大阪労働局が偽装請負の可能性があるとして是正指導していたことが判明している。日本通運広報部は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えたい」としている。


この記者会見の模様は関西テレビNHKでも取り上げられ放送されていました。
他、関西方面の毎日新聞・読売新聞にも掲載されています。これから郵政と合併しJPエクスプレスとなり不安の多い下請業者の方も沢山いると思います。そんな時は6月に大阪弁護士会館で発足いたしました「日通労働者連絡会」へ相談してみてください絵文字名を入力してください↓↓

大阪弁護士会館にて

「日通労働者連絡会」が発足致しましたのでご報告いたします。

日通労働者連絡会の活動目的は、

・日通関係の労働相談窓口として、新たな闘いの支援を行う

・日通から被害を受けた方々の情報交換と交流と学習と支援の場とする

・現在日通を相手取って行われている7件の裁判、1件の労働審判の支援

連絡先

「アルバイト・派遣・パート 関西労働組合」

大阪市北区東天満 2-2-5 第二新興ビル 605号
電話番号:06-6881-0110 FAX:06-6881-0782
Email:mu-ohhashi@mu-kansai.or.jp

担当 大橋直人氏  (名字がたまたま大橋家と同じです)


なお、相談に関しては秘密厳守の元、無料で行っておりますのでご相談がある方はお気軽にご連絡下さい。

裁判するしないだけではなく、どんな小さな悩み・相談でも受け付けていますので、
まずは諦めずに相談してください

スポンサーサイト



23:23  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |