FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009'07.27 (Mon)

尼崎アスベスト裁判第2回口頭弁論の報告

尼崎アスベスト裁判第2回口頭弁論の報告

7月2日(金)午前10時30分、神戸地裁尼崎支部3階1号法廷で、入れない人も出るほど満席の中、第2回の口頭弁論が開かれました。
今回も書面の確認の後、亡くなられた大迫さんの妻から、言語障害があって不自由な身でありながら、次のような意見陳述をされました。
≪夫は、昭和58年の定年まで日通の大型運転手として搬送業務に就いていました。平成14年に中皮腫を発病して5ヶ月間、“苦しいー”“苦しいー”の連続で、「家に帰ってゆっくりしたい・・」と言ってましたが、平成14年7月10日に74歳で亡くなりました。残念でなりません。平成17年7月20日に労災認定されましたが、会社の利益のために生命をないがしろにされた従業員とその家族は・・・。日通は、社員カードがあったので在職証明を1枚出しただけで、他は不明と言ってきました。平均賃金を計算するために欲しかった給与明細も会社にあると思います。夫は、7.5トン車で神戸港の倉庫から、1袋50kgのアスベストを手ガキで積み込み、クボタ神崎工場に運び、トラックから手ガキで卸し、高く積み上げ、アスベストで真っ白になっていました。防塵マスク着用の指示もなく、危険性も知らされず働いていました。
日通とこれまで4回話をしました。当初は「何も証拠がない」と言われ、その後に運搬をしていたことは認めましたが、「作業の内容がわからない」「因果関係がない」と言いました。・・・≫
閉廷後にミニ報告集会が持たれ、まず弁護士から「被告から反論が出され、原告からは釈明や主張がある」と説明があり、意見陳述された大迫さんが「これからもご支援よろしく」とアピール、『日通労働者連絡会』から日通株主総会でのビラまきマイク宣伝行動と株主総会での発言について報告があり、この尼崎の『日本通運アスベスト損賠裁判を支援する会』から105名の会員加入があったことが知らされました。
これから弁論を2~3回開かれる予定です。
次回の第3回口頭弁論・・・

9月24日(木)午前10時30分、神戸地裁尼崎支部3階1号法廷で開廷されます。
スポンサーサイト



00:00  |  アスベスト訴訟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |