FC2ブログ
2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009'10.31 (Sat)

日本通運 受け身の収益構造

【株価が語る】日本通運 受け身の収益構造
(インターネットニュース)


日本通運の株価が約25年ぶりの安値に落ち込んでいる。2008年9月のリーマンショックの後、10月に入ってから大幅安となり、その後もじりじりと下げ続けた。1月30日には2009年3月期の業績見通しを下方修正。連結売上高を1兆9438億円から1兆8420億円(前期比3%減)に、純利益は256億円から160億円(同56%減)になると発表したのが嫌気され、2月に入って300円の節目を割った。3月6日には264円と昨年来安値を更新している。ここまでの低水準を記録したのは、1983年11月以来だ。当時の事業規模は、84年3月期が売上高7885億円、利益62億円と現在よりはるかに小さかった。発行済み株式数は当時とほぼ同じで、業容と比較すると、今回はかなり割安に沈んでいると見て取れる。
総合力でも補えず原因はなんと言っても、世界的な景気後退の影響が大きい。荷主の意向ありきの物流業は、そもそも景気の波に翻弄されやすい収益構造を持つ。昨年秋以降、自動車、電機、機械などの様々な業種の製造業が生産・在庫調整を一気に進め、荷動きが止まった。その打撃をもろに受けた格好だ。292社もの子会社を持ち、「物流業のデパート」と言われる日通は、これまで、その総合力が業績の安定につながると期待されていた。事業内容は、鉄道、トラック、航空機、船舶を利用した国内外への複合的な運送業のほか、港湾運送業、倉庫業、荷役・梱包業などにまで及ぶ。例えば、国内の製造業からの輸出が伸び悩む場面でも、中国や欧米の域内の物流需要を取り込むなどして、補完関係を保ってきた。ところが、世界同時不況で景色は一変。米国の消費が急減速したことで、直接の輸出が細ったほか、アジアを経由して米国・欧州へと流れていた国際貨物の一大ルートも縮小し、「文字通り、全方面が八方ふさがり」(クレディ・スイス証券の板崎王亮ディレクター)の苦境に陥った。
スポンサーサイト



00:53  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.28 (Wed)

日本通運とは

もう朝晩寒くなりましたね皆さん体調崩していませんか今日はブログのコメントを1つアップしたいと思います。今、郵政との合併が先送りになりメドがつかなく赤字ばかりが増える日本通運そんな中で社員の方の貴重な意見がありましたので

コメント

本当に現場は混乱状態のようです。 辞令は何度も交付見送りされています。 うわさでは赤字額が膨大で資本を食い尽くす勢いのようですよ。主に廃止予定ターミナルの従業員は戦々恐々としているようで、契約社員などはあきらめ半分のような雰囲気でした。
はじめから統合に無理があったのでしょう。しかし昔(民営化以前)から日通では郵政との統合を狙ってると噂されており、噂は本当でした。また、国内航空貨物も地方部では支店の統廃合が進み、撤退しているようです。ペリカン便撤退に伴い、アロー便も個人受付は終了、自社積み合わせから、他社への差込になっているところもあり、完全撤退も視野に入れているようです。他社で利益が出すことができるのに日通はどうしてできないのでしょうか。高コスト体質、内向きの営業、拡販とは名ばかりで従業員にノルマを課して発送個数を確保するなど経営体質が問題です。また、セールスドライバーを育成する合理的な教育システムに力をいれずに、情報システムにばかり膨大な費用を費やしていた付が今の現状だと思います。経営陣は誰一人責任を取りましたか?
取るどころか子会社に天下るような人事がまだ行われています。もともと郵政は日通の情報システムとシェアの入手目的の統合といわれており、それ以外は興味ないのでしょう。
研修と言いながら郵政が送り込んできた人員はろくに使えない、社員や勘違いした上から目線の社員、ガムをかみながら仕事をするなど、お役所仕事を引きずったような方が多かったと聞きました。統合見送りになったとたん研修途中で引き上げなんて考えらえないでしょう。はじめからシステムや車両・ターミナル設備などがない郵政よりも郵政が日通に荷物を差し込んだほうがよっぽど統合はスムーズに出来たのではないでしょうか。賃金をカットしてでも雇用は守るが口癖の日通は本当にどこにむかうんでしょうか?積み合わせ混載貨物がない運送会社はなにができるのでしょう。もう総合物流会社とは言えないのではないでしょうか。とコメント頂きました
皆さんはどう思われますか貴重な意見ありがとうございます





02:22  |  ちょっと余談  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.26 (Mon)

カルテルによる独占禁止法についてのコメントです

先日、「独占禁止法ハンドブック」「独占禁止マニュアル」と言うものが会社から出ました(他にも別件もありましたが)先日、その件に関してブログのコメントを頂きましたのでアップします。

ブログのコメント

社長ら自らが独禁法違反し会社に甚大な損害を与えておいて従業員に「独禁法違反するな!」と教育する資格があるんですかね?まずは社長自ら従業員らに謝罪し辞任して経営陣を一新すべきだと言いたいです。

とコメント頂きました確かに本当です。カルテル問題は知っていても川合社長や経営陣がやった事。まずは何事にも嘘つかずに、そして、マスコミや国の機関だけの対策や改善策ではなく、悪いことは悪いで、本当に社内を改善すべきではないでしょうか?日本通運川合社長・経営陣の方々、自分達の生活、地位の事ばかり考えずに1度は日本通運労働者の事を向き合って考えなくてはいけないのではないでしょうか。残業代未払いだった会社が労働者と向き合い話し合って、未払い残業代を何億か支払う会社もどんどん出てます。川合社長・経営陣の皆様、あたたたちと一緒に働いてるのは、あなた達と同じように家族もある人間ですよ。
02:27  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.25 (Sun)

日通JPエクスプレス保有株20%郵政へ譲渡

日通JPエクスプレス保有株20%郵政へ譲渡
(24日朝日新聞より)

日本通運は23日、日本郵政グループの郵便事業会社(JP日本郵便)と共同出資で設立した宅配便事業会社「JPエクスプレス」の保有株34%分のうち、20%分を日本郵便に譲渡すると発表した。日本郵便の持ち分は86%になり、影響力が強まることになる。エクスプレス社は昨年6月に設立。今年4月に日通のペリカン便事業を引き継いだが、10月に予定されていた日本郵便のゆうパック事業との統合は、総務省の認可が得られず実現していない。一方で業績は低迷しており、赤字基調が続いている。日通は、エクスプレス社を持ち分法適用関連会社から外すことで、連結決算への悪影響を避ける狙いがあるとみられる。譲渡が実現すれば、日本郵便が宅配便事業の主導権を握ることになる。日本郵便は「株式の取得時期や価格は検討中」としている。
20:28  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.24 (Sat)

日本通運の株価下落止まらない

先月、livedoor・gooニュースで掲載されていた記事です本日、日本通運が、郵政に20%の株を譲渡すると言う新聞記事がありました(この記事は後程アップします)その前にこの記事をアップしたいと思います


日本通運の株価下落が止まらない。

2009年10月1日に予定していた日本郵便(JP)の宅配便事業との経営統合が、目前で頓挫したからだ。鳩山新政権は郵政民営化の見直しを掲げ、「延期」どころか「破談」の可能性もささやかれている。経営統合で宅配便最大手のヤマトホールディングス(HD)と、第2位の佐川急便を追撃するはずだったが、一転、日通は厳しい事態に追い込まれている。

日通株、総選挙後に12%落ち込み

2009年9月29日の東京株式市場は、前日に一時1万円を割り込んだ反動から買いが活発。日経平均株価は終値で、前日比90円68銭高の1万100円20銭で引けた。
そんな中にあっても、日本通運の株価はさえない。同日は終値364円。前日比4円下がった。民主党が大勝した総選挙の翌日、8月31日の終値で416円あった株価は12.5%下落。以降、下落基調が鮮明になって、それが止まらない。

ちなみに、ヤマトHDの9月29日の株価は前日比7円高の1447円だった(佐川急便は未上場)。こうした事態になったのは、鳩山政権が郵政民営化の見直しを掲げているためで、郵便事業も例外ではない。日通が34%、JPが66%を出資して設立していた「JPエクスプレス」(JPXP)は、麻生内閣時の佐藤勉・前総務相が準備不足と郵便業務への影響が不明確なことを理由に統合を「延期」したが、鳩山政権になって事態はさらに不透明になった。JPXPは現在、日通のペリカン便の事業のみを引き継いでいる。日通によると、「現時点で延期の方針に変わりはない」(広報部)という。JPXPはいわば、店ざらしの状況にある。JP「ゆうパック」受け入れ準備でコストアップ
日通が明らかにしているJPXPへの投資損失は38億円(09年4-9月期)。JPXPは10月1日の統合をめざしてきたため、人員や倉庫、車両などの配送体制を増強して、JPの「ゆうパック」事業の受け入れ体制を整えていた。すでに、これらのコスト負担が重石になっており、現状のまま運営していくだけでも2010年3月期には損失が100億円前後に膨らむとの予測もある。事業を続ければ続けるほど赤字が膨らんでいくわけだ。だからといって、元の鞘に納まることもむずかしい。宅配便業界はヤマトHDのシェアが38.7%、佐川急便が33.4%を占め、2社の寡占状態にある。第3位の日通(10.3%)と4位のJP(8.7%、いずれも08年度)が合流することで、2社に対抗するのが狙いだった。「ペリカン便」が日通の手元に戻ってきても、「いずれ上位2社のどちらかに吸収される」(証券エコノミスト)との見方が支配的だ。日通が7月31日に発表した業績修正では、JPとの統合が延期されたことによって、JPXPの収支計画を把握できないため、2010年3月期の経常利益と当期純利益を合理的に予測することはできないのを理由に、未定とした。
しかし、岡三証券の予想では当期利益で14%減、経常利益は38%減を見込んでいる。同証券アナリストの宮本好久氏は「予想経常利益の悪化に歯止めがかからないことには、株価下落が止まらない」と、事態は深刻とみている。日通は「一刻も早く経営統合を認めてもらいたいし、そのための手を、前向きに打っていく。破談のことは考えていない」と話し、JPとともにこれから政府への働きかけを強めていくという。
23:44  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.24 (Sat)

王子アスベスト保障裁判

10月21日 王寺アスベスト補償裁判の模様(吉崎さん)

10月21日(水)午後4時から大阪地裁1010号法廷で弁論が開かれました。裁判官からの問いかけに、原告の準備書面に対しニチアスが「対応(反論)したい」、日通は「証人申請したいが高齢なので可能(出廷できる)かどうか?」と回答があり、それに対し裁判官は「原告の人証(証人尋問)は来年以降になるが、提訴から丸2年が経ち来年度中に終結(結審)を迎えたい。ニチアスは人証も考えてほしい」との意向でした。
次回の進行協議が11月26日、弁論が12月9日(水)午後4時に大阪地裁1010号法廷でと決まり、裁判官は「次回進行協議で来年度どのようにして行くか裁判所として概略の方針を出す。余り時間がない」とのことでした。閉廷後に、弁護士から次のような説明がありました。

*ニチアスの工場に1969年7月から1971年8月の2年2ヶ月働いていた間に、どんな仕事をしてアスベストを曝露していたか、一緒に働き当時の状況を知る人が2~3人いるが1人は80歳超えている。ニチアスは「対策してきた」と言ってるが、日通は主張してこない。裁判官は「実際に証人尋問したい」とのことで、次回に証人として誰を呼ぶかを決める。そのあと、原告から「原因はかなり前、遅発性の病気、状況がなかなかつかめないが精一杯明らかにして行きたい」との気持ちを明らかにされ、尼崎アスベスト裁判、大橋家の裁判、ペリカン便偽装請負裁判、日通組合裁判、泉南アスベスト裁判から闘いの報告がありました。

吉崎さんの娘さん2人は、一生懸命何十年も日本通運社員として定年まで働いていたお父さんの背中を見て育ちました。そんなお父さんが労災認定になる病気で亡くなったにも関わらず、日通もニチアスも責任逃ればかり考えて認めようとしない会社の犠牲になり労災認定までされているにも関わらず日通はテレビのスポンサーや政治献金の為には莫大なお金を払っているのではないですか?皆さん、どう思いますか
04:24  |  アスベスト訴訟  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.23 (Fri)

日本通運裁判大橋家結審と判決

ちょっと遅くなりましたが10月19日10時より大橋家の結審がありました。平日にも関わらず傍聴席は整理券を配らなければいけない程の満席になりました。
この後、日通裁判で戦っている人達の交流会があり、妻、錦美さんから挨拶がありました。挨拶の内容は
今日は忙しい中ありがとうございます。
夫が亡くなって来月で3年になります。日通と裁判を始めてから2年4カ月になりました。この間、準備書面の交わしが数回あり、それに対する井上先生の反論をみるたびに、これは勝てると勇気づけられるものの、逆に日通からの、ひどい反論を見ると怒りがこみあげ、その度に、感情のコントロールが出来ず、気分の浮き沈みがストレスとなりましたが、皆さんの支えと応援があり、結審までくることが出来ました。どう判決が出るか分かりませんが、これからも応援お願いしますと挨拶がありました。

結審の前に最終書面が被告・原告側からが提出されましたが…被告日通側の書面は、本当に酷い内容でした。本当に社員まででなく社員の遺族までにも、こんな言い方をするのかと思わされ、そして、今まで交わしてきた書面からも、日通の会社の在り方がよく分かりました。今までのたくさん交わした書面からもきっと裁判官は何が嘘で何が事実かはきっと分かると思います。しかし、どんな判決が出ようとも大橋家は戦い続けます。そして、私達も応援し続けます。これからも、宜しくお願いします


大橋家判決日

2010年2月15日13時10分
ですお時間あるかたは是非傍聴へいらしてください
15:30  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.16 (Fri)

日通東京警送社員「不当配転」横浜地裁で裁判に

今日から新たな横浜地裁での日本通運との戦いを応援していきますタイトルは日通東京警送社員「不当配転」裁判

先日、横浜地裁で裁判をしていると言う社員の方と、関西で戦っている人・支援している人達と集まりました。今まで関西での多くの裁判を見て、聞いてこのブログでお伝えしてきていますが、今後、この東京中央警送「不当配転」の戦いも、皆で応援していきます。

この裁判は日通東京中央警送で、原告A氏は平成5年東京中央警送支店へ地域社員として入社。原告B氏は平成3年東京中央警送支店へ地域社員として入社した2人が会社人事の嫌がらせを受け介護自主退社をさける為に裁判を起こしました。

(1)日通では地域社員は全国社員と違い地域限定で採用され管轄地域以外は配置転換がない社員の事(証拠書面)しかし、原告2人は、平成17年に横浜に転勤を命じられる。(東京管轄外)この時原告は「東京地域限定で就職したはず」と抗議するも「仕事のやり方が変わった、横浜に仕事を教えてこい、とりあえずチョコッと行ってこい」と言われ、原告2名を含め7名が横浜警送へ転勤となる。

(2)原告は東京在住でもあり、東京中央警送から横浜に仕事を教えに来て1年がたち仕事も十分廻る様になったので、原告2名と、当時同じく東京在住で原告達と転勤になった1人と三名で、それぞれが東京の職場に戻すように、北見課長に申し入れたが「人事権は会社のものだが一応人事にお願いしてみる」との返事だったが、その後何の対応もなし。

(3)三名はその後三名が加入している全日通労組に支店長との話会いのセッティングを依頼。後日、組合員交えて9人で話し合いするも、肝心の細貝支店長は都合が悪くなったと当日欠席(この詳細については後日アップします)

(4)原告二名と一緒に東京へ転勤をお願いしていた1人はこの事等がきっかけで「うつ病」と診断され後日、退職に追い込まれました。(この詳細については後でアップします)

(5)転勤後原告Aの実母が脊椎損傷で退院後要介護3の認定で実母の介護をしなければならない事情にある事から往復4時間の通勤時間が非常に困難になった事。そして原告Bは実父が認知症と診断され老齢の実母と介護をするため往復2時間10分の通勤時間が困難になった。

原告の仕事は朝早く、夜も決して早くはなく毎日が残業の日々。その為に、原告2人が何年も前から異動をお願いしている時期に、別の人で異動をお願いしてから、たった3ヶ月で異動が叶った人がいます、原告達には異動を認めないのは嫌がらせではないでしょうか?日通は「with.your.life」と宣伝し組合は「ワークライフバランスを」と言っているのに日通で働く労働者を生活のある生きた人間とは思っていないのでしょう。組合は「首切り」などとともに「不当配転」でスト権を確立しているにもかかわらず力になるどころか会社の言いなりです。
原告も始めは会社と話し合いと努力しました。全日通労働組合にも相談しました。しかし会社側も労働者の為にある組合も全く何もしてくれずに、仕方なく弁護士を立て戦う事に。

そしてまずは労働審判から始めました。労働審判は、1回目10月6日に開かれ2回目10月29日に開かれました。そして裁判官から下された結果は…

(主文)
相手方(日通)は今後とも、従業員の仕事と生活の調和に配慮するものとする。
(理由の要旨)
提出された関係証拠及び審理の結果認められる当事者間の権利関係並びに労働審判手続の経過を踏まえると、本件紛争を解決する為には主文の通り審判するのが相当である。

しかし日通側は「仕事と生活の調和に配慮するものとする」と言う審判に不服なのか異議申し立てをしてきた為に21年1月に原告側は横浜地裁に提訴し、そして今、日通と戦ってます。
労働審判の詳細については皆さんによく分かってもらいたいので、日々詳しくブログにアップしますと同時に裁判の内容もアップしていきます皆さん応援よろしくお願いします。
19:59  |  地域社員「不当配転」裁判  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.16 (Fri)

大橋家安全配慮違反結審

大橋家と日通の戦いが始まり2年4カ月になります。
そして、いよいよ10月19日は大橋家の結審です
最終書面が日通から届きましたが?????そんな、日通からの反論には誰もが「不信感」「えっ今さらこんな事!」と殆どが家族が悪いかの様な文章でしたが、もう日通のやり方は分かっているので、文章にはあまりの内容に呆れてびっくりしましたが…後にも先にも結審。今まで大橋家は裁判所では嘘いつわりなく堂々と真実のみを訴えてきました後は裁判官の判決がどうでるかはまだ先ですが大橋家だけでなく皆で応援してますので大橋さん頑張りましょうお時間ある方は是非傍聴に来てください

大橋家安全配慮違反裁判
結審

10月19日(月)10時から
大阪地裁


よろしくお願いします。
04:38  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.14 (Wed)

日通労働者連絡会

この頃めっきりになりましたね今年も後残り3ヶ月ですねそして今年も関西では沢山の日本通運裁判がありました私は、小さい頃から見ているペリカンの絵の車そしてテレビから流れてくる日通のペリカン便そんな日通に入りとても忙しい毎日でも仕事は色んな会社お客様とも沢山接し現場の仕事も大変ですが、それなりに仕事事態はヤリガイのある仕事。しかし、社内では沢山のパワハラを見てきましたそして自分も被害者にもなりました。私が見てきた事沢山あります。

私は、日本通運は誰でも知っている大手運送会社。
そんな中で働いて、ある意味この会社のやっている事言ってる事が、今の社会の労働常識なのかと思わされる事ばかりそんな時は他の会社で働いてる友人や友人の上司と一緒に飲み日本通運で起きている日常の話をすると「あっやっぱり自分が知識として覚えていた事は間違いではなかったんだ」と安心します。でも、日本通運と言う、大企業で「パワハラ」されたり「退職勧奨・退職強要」されたら本当に追い詰められ泣き寝入りしてしまう事が普通になってしまっています。勿論、何処に相談したらいいかも分からないので精神的にも不安定になり、最終的に泣き寝入りになってしまうんですよね

そんな日本通運労働者の為に日通労働者連絡会が発足しています。
日通労働者連絡会は、今、裁判している人の支援や被害を受けた方の相談窓口になっております。私達が知らない色んな法も交渉等もしますまずは、日通にこう言われた。こうされた。そんな事がありましたら1人で悩まずまずは、
日通労働者連絡会へ、相談してみて下さい。関西以外でも大丈夫です

連絡先

アルバイト・派遣・パート関西労働組合

住所大阪市北区東天満
2-2-5第2新興ビル605
電話06-6881-0110

ファックス06-6881-0782

Email:mu-ohhash@mu-kansai.or.jp

担当者 大橋 直人

どんなささいな事でもまず相談してみて下さい。

後は、以前にブログに載せた全国にある国の機関で市町村でやっている労働相談センターもあります。労働基準監督ではありません。労働基準監督署に相談しても中々解決までいきません。私は経験しました


精神的に追い詰められる前に相談してくださいね
04:10  |  いじめ・パワハラ・労働違反  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT