FC2ブログ
2011年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011'07.09 (Sat)

日本通運株主総会総行動の報告

皆さん、ご無沙汰しています。
すみません。色々あり、ブログのアップが出来なくその間も、皆さん、コメント有難うございました。そして、いくつか、コメントを削除してしまい申し訳ありません。頂いたコメントは、これからの、貴重な意見として保存してあります。本当に申し訳ありません

今日から、また、少しずつ復活します

復活第一弾は「今年の株主総会の記事です」


株主総会総行動の報告

2011年6月29日(水)の朝8時、JR新橋駅前で、東京のユニオンに支援を要請して来ていただいた仲間と日通労働者連絡会の大阪からの参加者とが合流し、真夏のように照り付ける日差しの中、洪水のように流れる人波にビラをまき、マイク宣伝を行ないました。

その後、場所を日通本社前に移し、株主総会に来られた株主や通行人に、ビラをまき、マイク宣伝を行ない、午前10時前、入場が始まり、日通労働者連絡会のメンバーが会場に入りました。

総会では、日通労働者連絡会のメンバーが発言し、萩尾計二取締役(総務労働、コンプライアンス等担当)がすべて答えていました。
答弁は発言に対しすべて否定をしました。しかしいつにもなく総体的に丁寧な答弁で、野次もなく総会出席者はじっくり聴いていました。

以下は、意見と答弁です。
1. 元出向ペリカン便ドライバー(SD)日通復帰者への差別待遇の件について
差別はあってはならない。日本郵便に不採用になった元SDはわずかにいることは承知しているが、差別はない。
2. 内部通報でパワハラとセクハラが一番多い会社体質の件について
パワハラは、社会全体で増えている。当社としては適切に対処しているし、なお一層、適切に対処する。
3. アスベスト問題について
王寺と尼崎のアスベスト裁判については、「安全配慮義務違反はなく、見舞金を支給する制度をつくった」という、日通の従前の立場を繰り返したのみ。

なお、川合正矩社長が会長になり、渡邊健二副社長が社長に、萩尾計二取締役が副社長になる(川合氏は、労務担当、大阪支店、渡邊・萩尾両氏は、労務担当、大阪支店長、の歴任者=川合新会長が院政を敷く大阪派閥の継続か?)などの役員ところてん式交代人事(シッポを振らない役員の左遷やトカゲのシッポを切るような切捨て人事?も)がありました。

11時20分頃、終了し、どっと退席者が日通本社から出てきました。そこでもビラをまき、殆どの株主の方々が取ってくれ、中には、話しかけてくれる人、「がんばって!」と励ましてくれる人もいました。大量に持ってきたビラは、すべてはけました。

昨年の、ビラまきは、株主の方の「頑張れよ」と言う励ましの御言葉もありました。
大手企業相手に、中々進まない裁判・労災認定。しかし、皆の行動が、いつか、大きな輪になっていくでしょう

みなさんご苦労様でした
スポンサーサイト



06:43  |  プチプチ情報  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |