FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.16 (Fri)

日通東京警送社員「不当配転」横浜地裁で裁判に

今日から新たな横浜地裁での日本通運との戦いを応援していきますタイトルは日通東京警送社員「不当配転」裁判

先日、横浜地裁で裁判をしていると言う社員の方と、関西で戦っている人・支援している人達と集まりました。今まで関西での多くの裁判を見て、聞いてこのブログでお伝えしてきていますが、今後、この東京中央警送「不当配転」の戦いも、皆で応援していきます。

この裁判は日通東京中央警送で、原告A氏は平成5年東京中央警送支店へ地域社員として入社。原告B氏は平成3年東京中央警送支店へ地域社員として入社した2人が会社人事の嫌がらせを受け介護自主退社をさける為に裁判を起こしました。

(1)日通では地域社員は全国社員と違い地域限定で採用され管轄地域以外は配置転換がない社員の事(証拠書面)しかし、原告2人は、平成17年に横浜に転勤を命じられる。(東京管轄外)この時原告は「東京地域限定で就職したはず」と抗議するも「仕事のやり方が変わった、横浜に仕事を教えてこい、とりあえずチョコッと行ってこい」と言われ、原告2名を含め7名が横浜警送へ転勤となる。

(2)原告は東京在住でもあり、東京中央警送から横浜に仕事を教えに来て1年がたち仕事も十分廻る様になったので、原告2名と、当時同じく東京在住で原告達と転勤になった1人と三名で、それぞれが東京の職場に戻すように、北見課長に申し入れたが「人事権は会社のものだが一応人事にお願いしてみる」との返事だったが、その後何の対応もなし。

(3)三名はその後三名が加入している全日通労組に支店長との話会いのセッティングを依頼。後日、組合員交えて9人で話し合いするも、肝心の細貝支店長は都合が悪くなったと当日欠席(この詳細については後日アップします)

(4)原告二名と一緒に東京へ転勤をお願いしていた1人はこの事等がきっかけで「うつ病」と診断され後日、退職に追い込まれました。(この詳細については後でアップします)

(5)転勤後原告Aの実母が脊椎損傷で退院後要介護3の認定で実母の介護をしなければならない事情にある事から往復4時間の通勤時間が非常に困難になった事。そして原告Bは実父が認知症と診断され老齢の実母と介護をするため往復2時間10分の通勤時間が困難になった。

原告の仕事は朝早く、夜も決して早くはなく毎日が残業の日々。その為に、原告2人が何年も前から異動をお願いしている時期に、別の人で異動をお願いしてから、たった3ヶ月で異動が叶った人がいます、原告達には異動を認めないのは嫌がらせではないでしょうか?日通は「with.your.life」と宣伝し組合は「ワークライフバランスを」と言っているのに日通で働く労働者を生活のある生きた人間とは思っていないのでしょう。組合は「首切り」などとともに「不当配転」でスト権を確立しているにもかかわらず力になるどころか会社の言いなりです。
原告も始めは会社と話し合いと努力しました。全日通労働組合にも相談しました。しかし会社側も労働者の為にある組合も全く何もしてくれずに、仕方なく弁護士を立て戦う事に。

そしてまずは労働審判から始めました。労働審判は、1回目10月6日に開かれ2回目10月29日に開かれました。そして裁判官から下された結果は…

(主文)
相手方(日通)は今後とも、従業員の仕事と生活の調和に配慮するものとする。
(理由の要旨)
提出された関係証拠及び審理の結果認められる当事者間の権利関係並びに労働審判手続の経過を踏まえると、本件紛争を解決する為には主文の通り審判するのが相当である。

しかし日通側は「仕事と生活の調和に配慮するものとする」と言う審判に不服なのか異議申し立てをしてきた為に21年1月に原告側は横浜地裁に提訴し、そして今、日通と戦ってます。
労働審判の詳細については皆さんによく分かってもらいたいので、日々詳しくブログにアップしますと同時に裁判の内容もアップしていきます皆さん応援よろしくお願いします。
19:59  |  地域社員「不当配転」裁判  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●日本通運裁判の参考

http://nittsu-saiban.com/index.html
応援しております!
 | 2009年10月16日(金) 22:17 | URL | コメント編集

●日本通運は名前だけ

我々もこのブログをみていると思うことは日本通運には航空・ぺり・アロー・警送とそれぞれ島は違いますが組合も会社もおなじしま。日本通運の裁判みていると何だか高校生の反抗期で屁理屈を言ってるとしか思えませんね!そんな会社には負けません!絶対勝ちますよ!我々も応援しますから!がんばれ!
社員 | 2009年10月17日(土) 02:55 | URL | コメント編集

どの裁判をみても原告側は当たり前のことしか主張しておらず常識的なこと。
それを負けても時間稼ぎとしかおもえない控訴をする被告側(日通)。
この件でも原告は当たり前のことしか訴えておらず本当に会社側のめちゃくちゃなところがよくわかります。本当に名前だけでもってきた会社ですから本当の中身を知れば三流以下の仕事内容。社員への外道な扱い。これではお客様も去っていくのは当たり前。
今はネットもありごまかしは通用しない時代。
しかしいまだにくさいものにはフタをする。ゴマカシで逃げる日通では裁判をたくさん抱えるのはごく自然な流れ。
JP問題でも現場はめちゃくちゃ!しかし誰も責任はとらず。なんのために上層部はあるのか?
社会貢献とは何かよく考えてほしい。
金儲けだけしか頭にないでは馬鹿丸出し。
 | 2009年10月17日(土) 05:06 | URL | コメント編集

●最近の日通

こんにちは。ここ最近ブログ拝見しています。皆さんの戦いの内容見ていると、私の営業所でもあるようなことばかり。自分を日通から守る為にも、会社の証拠は大切ですね。日通は会社の中でも裁判でもパワハラなみの誹謗中傷、嘘偽りがある事にびっくりです。

そう言えば最近ブログ更新されていませんが・・・
記事も、そして反論している文章も、なるほど、と思う事が多々あり、考えさせられます。更新楽しみにしてます。
 | 2009年10月23日(金) 03:50 | URL | コメント編集

●更新

最近ブログ更新されてませんね。密かに社員結構みてます。我々社員も今大変でいつ我が身にふりかかるか組合も全く相談しても会社に丸投げ。そんな我々の為にもこのブログの沢山の情報勉強になります。更新待ってます。
 | 2009年10月23日(金) 15:22 | URL | コメント編集

なんとまぁ、合同企業説明会で話を聞いて何かいいなぁとか思ってたらこんなことがあったとは。。。
明日採用試験なんだけど・・・
 | 2009年10月27日(火) 22:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/100-b6261c28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。