FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.24 (Sat)

王子アスベスト保障裁判

10月21日 王寺アスベスト補償裁判の模様(吉崎さん)

10月21日(水)午後4時から大阪地裁1010号法廷で弁論が開かれました。裁判官からの問いかけに、原告の準備書面に対しニチアスが「対応(反論)したい」、日通は「証人申請したいが高齢なので可能(出廷できる)かどうか?」と回答があり、それに対し裁判官は「原告の人証(証人尋問)は来年以降になるが、提訴から丸2年が経ち来年度中に終結(結審)を迎えたい。ニチアスは人証も考えてほしい」との意向でした。
次回の進行協議が11月26日、弁論が12月9日(水)午後4時に大阪地裁1010号法廷でと決まり、裁判官は「次回進行協議で来年度どのようにして行くか裁判所として概略の方針を出す。余り時間がない」とのことでした。閉廷後に、弁護士から次のような説明がありました。

*ニチアスの工場に1969年7月から1971年8月の2年2ヶ月働いていた間に、どんな仕事をしてアスベストを曝露していたか、一緒に働き当時の状況を知る人が2~3人いるが1人は80歳超えている。ニチアスは「対策してきた」と言ってるが、日通は主張してこない。裁判官は「実際に証人尋問したい」とのことで、次回に証人として誰を呼ぶかを決める。そのあと、原告から「原因はかなり前、遅発性の病気、状況がなかなかつかめないが精一杯明らかにして行きたい」との気持ちを明らかにされ、尼崎アスベスト裁判、大橋家の裁判、ペリカン便偽装請負裁判、日通組合裁判、泉南アスベスト裁判から闘いの報告がありました。

吉崎さんの娘さん2人は、一生懸命何十年も日本通運社員として定年まで働いていたお父さんの背中を見て育ちました。そんなお父さんが労災認定になる病気で亡くなったにも関わらず、日通もニチアスも責任逃ればかり考えて認めようとしない会社の犠牲になり労災認定までされているにも関わらず日通はテレビのスポンサーや政治献金の為には莫大なお金を払っているのではないですか?皆さん、どう思いますか
04:24  |  アスベスト訴訟  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●日本通運の誠意

貢献した社員はもう退職したから
関係ない。道義のない日通の体質
はどう変えていけばいいでしょうか?
日通の会社理念 | 2009年10月25日(日) 00:44 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/102-32673579

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。