FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009'12.08 (Tue)

日通と宅配便統合 撤回 郵便事業会社

少し前の新聞記事になりますが・・・ペリカン便吸収の記事をアップしたいと思いますナイス
郵政・日通新会社設立の際に、握手し会見まで行ってから2年。最終的には2年かかり、決裂。経営者より、一生懸命働いている社員が今1番不安だと思います。日通労働組合も高い組合費を払っている社員の為に、今、本当の労働者の為に日通労働組合として本来の組合を取り戻す時も来たのではないでしょうか?


手書き風シリーズ星東京新聞記事より手書き風シリーズ星

日通と宅配便統合 撤回 郵便事業会社 きょう確認 ペリカン便を吸収
2009年11月26日 朝刊
 日本郵政グループの郵便事業会社は二十五日、同社の「ゆうパック」と日本通運の「ペリカン便」による宅配便事業統合計画を撤回し、両社の合弁会社「JPエクスプレス(JPEX)」(本社・東京)を清算する方向で最終調整に入った。郵政側がペリカン便を買収する形となる。二十六日の臨時取締役会で方針を確認、年内に正式決定する。 
 日通との宅配便事業の統合計画は、辞任した西川善文前社長の主導下で進み、郵政民営化を象徴する案件だった。だが政権交代に伴う郵政民営化見直しの流れの中、二年余で大幅修正を迫られる。
 新たな計画では、郵便事業会社は、JPEXへの日通出資分を全額買い取り、いったん自社の100%子会社とする。その後、事業規模を縮小しつつ六千人いる従業員を削減。さらに人員・設備・システムをすべて吸収した上で、JPEX自体は清算する。日通は宅配事業を手放す格好となるが、人員削減をめぐる交渉は難航も予想される。
 宅配便統合計画は民営化開始直後の二〇〇七年十月に合意。郵便が三分の二、日通が三分の一を出資してJPEXを立ち上げ、今年四月から事業に着手した。だが準備の遅れなどから総務省の事業統合認可が得られず、現在は「ペリカン便」のみを取り扱っている。
 この影響で収益は想定を大幅に下回り、本年度九月までの半期で二百四十八億円の損失を計上。回復のメドは立っておらず数カ月先にも資本不足に陥る恐れが出ている。総務省も「(親会社の郵便事業会社の財務内容を傷め)郵便事業そのものを揺るがしかねない」と危機感を強めていた。

【関連】『脱西川』郵政で決断 ペリカン便吸収 赤字事業 人員削減が難題
 総務省から認可が下りず、宙に浮いていた日本通運との宅配便合弁会社「JPエクスプレス(JPEX)」を、郵便事業会社が吸収する方針を固めたのは、親会社である日本郵政の西川善文前社長の辞任がきっかけだった。(上田融、花井勝規)
 「ゆうパック」「ペリカン便」の統合計画は、西川前社長の指導の下、側近グループが進めたプロジェクト。今回留任した北村憲雄会長ら郵便事業会社執行部は、計画の見直しには慎重で足踏み状態が続いていた。
 ところが斎藤次郎新社長ら日本郵政の新執行部は、日通との「契約破棄」も視野に早期の幕引きを指示。総務省と協議の結果、合弁のJPEXを完全子会社化した後、郵便事業会社本体に吸収する軟着陸路線を目指すことになった。
 両社の共同事業は、ゆうパックのペリカン便「買収」に形を変えることになった。だが、今後の課題は多い。
 現在、JPEXには日通から出向している社員六千人(うち約半数は契約社員)が働く。さらに小口荷物の委託業者が約一万社。郵便事業会社が今後リストラを進める際、雇用に手を付けざるをえず、「社会問題化する恐れが高い」と日通首脳は懸念する。
 両社は、これから人員の処遇面など具体的な交渉に入るが、それぞれ強力な労働組合を抱え、どこで折り合いを付けられるか不透明だ。郵便事業にとって、赤字事業のペリカン便買収は、想像以上に“高い買い物”になりそうだ。
10:30  |  日本通運ニュース  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●仕事はあるのでしょうか?

私は、これからJPが伸びていくと言われ、LPに出向しましたが、結果はこれです。表面上では、また、日通に戻すと書いてありますが、6000人もの人材の仕事が本当に日本通運にはあるのでしょうか?本当にまた不安です。私も何かあったら、外部の組合や国の機関に相談するために証拠書類を準備して行こうと思います。
 | 2009年12月08日(火) 13:28 | URL | コメント編集

統合失敗で川合は責任を負わんのかね?
今後の展開でさらに裁判、増えそうだな。
 | 2009年12月08日(火) 21:54 | URL | コメント編集

私達、社員には何の連絡もないのですが
無責任な経営陣ですね。
大々的に花火を打ち上げて最後は線香花火のようにいつの間にか消えていく
なんなんですかねこの会社 一流では間違いなくないですね。
 | 2009年12月09日(水) 08:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/116-95ebdf20

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |