FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'02.15 (Mon)

日本通運と大橋家判決速報(朝日新聞より)

大橋家「安全配慮違反」裁判今日判決でした。
この悪天候の中、傍聴席に入りきれないほど大橋家の傍聴へ来ていただきました。ありがとうございました。
取り急ぎ大橋家の朝日新聞に掲載された記事をアップします。一部大橋家の一番訴えていた「安全配慮義務違反」の部分に関して勝訴しました。応援してくださっている皆さんに何社かの新聞社が掲載している記事をアップさせていただきます。
後日、また詳しくアップします。

朝日新聞記事より

日本通運(本社・東京)の男性元社員(当時56)が首つり自殺したのは上司から退職を迫られたのが原因として、妻ら遺族3人が同社に慰謝料など計約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は、上司の発言が男性の精神状態を悪化させた一因と認定し、同社が安全配慮義務を怠ったとして慰謝料など約330万円の支払いを命じた。

遺族側は、男性が生きていれば得られたはずの収入(逸失利益)2千万円余りも求めたが、判決は、上司の発言と自殺との直接の因果関係まではないとして退けた。

判決によると、男性は2004年春に関西空港支店に配属され、貨物の仕分けなどを担当。持病のC型肝炎の治療で入院した後の同7月、通院しながら職場に復帰したいと上司に伝えた際、「自分から身を引いたらどうか」と退職を勧められた。そのころからうつ病を発症し、06年11月に自宅で自殺した。


読売新聞記事より

うつ病自殺、上司言動が一因と認める判決
読売新聞 02月15日22時23分

「日本通運」大阪旅行支店(大阪市中央区)に勤務していた大橋均さん(当時56歳)がうつ病となり、自殺したのは退職強要が原因だったとして、妻ら遺族3人が同社に計約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。

田中敦裁判長は「自殺は予見できなかった」としたが、上司の言動がうつ病の一因になったことは認め、慰謝料約330万円の支払いを命じた。

判決によると、大橋さんは2004年6月にC型肝炎で入院。翌月、うつ病になり、06年11月に自殺した。

田中裁判長は、大橋さんの入院前後に、上司が「自分から身を引いたらどうか」などと発言したことについて、「精神面を含む健康管理上の安全配慮義務に違反する」と指摘した。
 
日本通運広報部は「判決内容を検討して対応を決定する」としている。


時事通信

上司の「退職」発言でうつ悪化=日通に330万円賠償命令-大阪地裁
2006年に自殺した日本通運の男性社員=当時(56)=の遺族が、うつ状態などへの配慮を怠ったのが原因として同社に計約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、慰謝料など計約330万円の支払いを命じた。
田中敦裁判長は、男性がC型肝炎の治療で使っていたインターフェロンは、うつ状態になる副作用の危険があったと指摘。上司の「治療のため自分から身を引いたらどうか」という発言を、男性が退職を示唆されたと思い込みうつ状態を悪化させたとして、安全配慮義務違反を認めた。
一方、自殺は直前にあった業務上のトラブルが原因として、抑うつ症状や同社の対応との因果関係を認めなかった。
判決によると、男性は日通の大阪旅行支店に勤務していた06年11月、精神状態を悪化させて自殺した
日本通運の話 判決内容を検討した上で今後の対応を検討する。(2010/02/15-20:47)

産経新聞
自殺男性と鬱病との関係一部認め、日通に賠償命令 大阪地裁
2010.2.15 22:21
 
リストラの圧力をかけられた末に鬱(うつ)病を発症し自殺したとして、日本通運に勤務していた男性=当時(56)=の遺族3人が同社に約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は日通側の安全配慮義務違反と鬱病発症の因果関係を一部認め、慰謝料など約330万円の支払いを命じた。

男性はC型肝炎でインターフェロン治療を受けていたが、田中裁判長は、上司が副作用として鬱病の発症を予見できたにもかかわらず「身を引いたらどうか」と退職をほのめかした点を「健康管理上の安全配慮義務に反する」と認定した。
一方で、「自殺は鬱病の発症が原因とはいえない」と指摘。自殺直前に上司が送った「2度目はありません」というメールを「解雇の最後通告ではなく、通常業務として許容される叱責(しっせき)の範囲内」とし、リストラの圧力があったとする原告の主張を退けた。

日本通運は「判決内容をよく検討した上で今後の対応を決める」としている。


23:08  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●おめでとうございます

大橋家の皆さんおめでとうございます。一部でも日通の悪事を認められた事は、大橋家の家族の努力です。我々もこれから退職勧奨いつされるか分からないまま毎日不安で過ごしていますが、大橋家の様に勇気を出し大手企業相手に一部勝訴した事我々に勇気くれました。あがとう。お疲れ様でした。
 | 2010年02月15日(月) 23:36 | URL | コメント編集

●日通の安全配慮義務大大違反

日通は最初から安全配慮なんかある訳ない。
社員の死は虫に死しか思わない
人間は人間と思えない企業体質
これで日通の安全神話が崩れたね、
さぁ皆で立ち上がれ、集団訴訟やりましょう!
勇気をきれた大橋家ありがとうごさいます!
 | 2010年02月16日(火) 02:01 | URL | コメント編集

●日通の自殺ニュース

昨夜携帯にiモード開いたら、画面が・・日通元社員自殺、上司発言がうつの一因・・・・・・今もその画面のまま。
日通は半国営企業、企業同士の営業しかしていない、業績が悪化している今もまだこの古い体質のまま、進化してない所をみると、この天下の日通も間違いなく衰退していく。自覚した空気も見えてこない。
 | 2010年02月16日(火) 10:12 | URL | コメント編集

●とんでも日通の職場

社員の安全配慮を守ることができない日通。
反省するべきだ!!

 | 2010年02月16日(火) 19:06 | URL | コメント編集

●日通の反省


おめでとうございます。
日通は嘘にまみれた答弁をすることで悪名高いので、このような卑劣な企業に勝訴することは至難の業です。しかしながら、勝訴したということは、日通に余程の落ち度があったのでしょう。
今回の勝訴は、日通と法廷で争っている善良な市民と今後、日通相手に訴訟を提起するであろう人々に勇気を与えます。
敗訴した日通の腐敗幹部連中は、反省はしていないでしょうが、動揺していることでしょう。
日通は、二度と善良な市民を犠牲にすることがないように願うだけです
 | 2010年02月17日(水) 09:07 | URL | コメント編集

●日通裁判

おめでとうございます・一部勝訴して良かったです、日通の非常識はやっと世間に少しだけ認知されたようですね。大阪高裁2月25日全日通の訴訟、梅川さんの勝訴を祈ってます。今度も全国ニュースになったらいいのに。(*御用組合「全日通」また提訴されました、注目して下さいね)
 | 2010年02月17日(水) 11:11 | URL | コメント編集

●日通

多分日通は控訴するでしょうね・・。資金力だけはある会社だから。持久戦に持ち込んで和解に持ち込んで誤魔化す予定です。
 | 2010年02月18日(木) 15:28 | URL | コメント編集

●危険!日通

被災者が増大する日通
今日、「日本通運アスベスト損賠裁判を支援する会」のビラを頂いた。その内容↓↓
中に数々の裁判や日通を事業主として石綿関連疾患で労災認定された労働者の数。全国で15名の石綿関連被害者が確認されていますが、下請けの労働者や未申請者などを含めると更に多くの被害者がいると考えられます。
◆日通は事の重大さに気付き、誠意ある対応をしなさい!◆
日通アスベスト裁判3月11日の公判終了後日通大阪支店で抗議ビラまき是非多数お集まり下さい。 日通アスベスト損賠裁判支援する会(連絡先:06-4950-6653)
 | 2010年02月19日(金) 00:08 | URL | コメント編集

●日本通運大阪支店のビラ配り

日本通運大阪支店によくチラシを配っています、日通が「知らず存ぜず」と居直っても、過去の同僚や社会の目は見ています、知っていまし。「今日通は何をなすべきか」を問うため、私たちは活動を続けます。
日通被害者 | 2010年02月19日(金) 17:19 | URL | コメント編集

均様が日通に
戻られて以降、周りに何の縁も持たない貨物の人間や、均様の『人となり』を知らない
東京の馬鹿な人間たちが善良な人を追い詰めていったことが残念でなりません。
でも、当時の職場で色々ないやがらせを経験した人は実際に多くいて
心情的に今戦っておられるご家族のみなさまに心情的に支援の気持ちを持っている
仲間が大勢いるということを知っていただきたいのです。
日通被害者 | 2010年02月19日(金) 22:36 | URL | コメント編集

●悪質な日通のリストラ

gooの日通ニュース
自殺社員の鬱病、日通に賠償命令
2010年2月16日(火)16:05
 リストラの圧力をかけられた末に鬱病(うつびょう)を発症し自殺したとして、日本通運に勤務していた男性=当時(56)=の遺族3人が同社に約5千万円の賠償を求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は日通側の安全配慮義務違反と鬱病発症の因果関係を一部認め、慰謝料など約330万円の支払いを命じた。
**日通は反省、謝罪するべきだ。
 | 2010年02月21日(日) 17:16 | URL | コメント編集

●「イエロカード」出した課長の昇進

http://travel.nittsu.co.jp/event/souzai/index.html
日通旅行の主任はこの人しかいないかな?
日通社員 | 2010年03月08日(月) 11:13 | URL | コメント編集

●日通の敗北。「安全配慮義務違反」の重み

判決から時間がたつにつれて判決の重みを感じています。日通は管理職の言動が【安全配慮義務違反】と認定されたことは、高裁で覆すのは難しいと判断したと思います。判決に従ったことは日通の敗北です。大橋さんの勝利です。そして、病身の苦しいなかから日通の無法を告発した大橋均さんの勝利でもあります。
 | 2010年03月09日(火) 14:18 | URL | コメント編集

●パワハラ=うつ=パワハラ=自殺

パワハラ→うつ→パワハラ→自殺、→死後退職手続きの迫り。
こんな悪質の日通、裁判所は逃していいなんでしょうか、本当に危険!!S課長が出した「イエローカード」は業務範囲内。この判断にも疑問? 大橋家残念の気持ちは心痛いほど分かる。本当にお疲れ様どした
 | 2010年03月09日(火) 15:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/146-a3880082

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。