FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'03.13 (Fri)

「C型肝炎とうつ」について大学病院の先生に聞いて見ました

おはようございます今日は何だかお天気がイマイチですね

先日友人の勤めている大学病院の先生方と食事に行ってきました
そこには、内科の先生・脳外科の先生・心の病(心療内科)の先生達がいました。
そこで、今回の日通と大橋家の裁判の話をし,「C型肝炎とうつ病」について聞いて見ました

「C型肝炎」の治療の副作用に関しては、人それぞれ本当にさまざまな症状がでる。発熱だったり倦怠感だったりと、病気の治療をしているのに自分の体がどんどん悪くなっている様な不安の陥り「うつ状態」になる事が多いけど、インターフェロン等の治療が終われば、徐々に良くなり治るからね。
日通の人の様に、治療が終わっているにも関わらず「うつ状態・うつ病」が酷くなったり、また、精神科に入院までして治療すると言うのは「C型肝炎」によるものと言うより、他に「うつ」になる要因が何かあっての事だろうね・・・と言っていました。私はその後、治療する際に上司から言われた言葉等話して見ました。
「退職して治療に専念したらどうや」と言われた事については、今医学が発達している中で「C型肝炎」の治療もいい薬も出ているし、1年も10年も入院してして治療する訳でもあるまいし、わざわざ退職してまで治療しなきゃいけないものでもない。 「C型肝炎」で治療しながら仕事してる人がほとんどだよ。
それに、日通が「うつ」は知らなかった。「うつ」は「C型肝炎」の治療による副作用だと言うのであれば逆に「C型肝炎」の際にそう言った副作用が出るのが分かっているのであれば「C型肝炎」=「うつ」の治療している人に対して、「退職」と言う、不安材料になる様な言葉を言ってはいけないのでは?その上会社でのミスを責めたりしてもいけないのでは?と言う事は日通は分かっていて、やっていたことにもなるね。完全なる配慮にかけてるね。と言っていました。他にも保健指導員の話や、健保たよりに書かれていたことについても聞いてきました。ちょっと長くなってしまうので・・・次回のブログに続きをアップしますね
10:44  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●日本通運の怠慢

C型肝炎 問題になってます。というか、今に始まったことじゃないけど。

実は私の父もC型肝炎→肝硬変→肝がん という経過をたどって3年前に
他界しました。

本来であれば、まだまだ元気に生きているはずの父は、もういません。

このような事例は、まだまだたくさんあるのだろうと思う。。。

当時、C型肝炎感染の危険性やC型肝炎という疾患自体もよくわかっていな
かったという状況はわかるが、多くの人命が奪われたことには違いない。
大?企業日本通運の常識はずれには呆れました。





肝臓がんについて

カテゴリ: 話題! > 病気 フォルダ: 指定なし





コメント
 | 2009年03月13日(金) 19:20 | URL | コメント編集

●日本通運保健指導員へ

「C型肝炎の基本知識」
「C型肝炎」は、HCVの感染によって起こる肝臓の病気です。HCV感染すると、まず急性肝炎を発症します。そのうち約2~4割の患者さんは急性肝炎で、短期間で治癒しますが、約7割は、慢性肝炎に進行します。慢性肝炎は放置すると「肝硬変」や「肝がん」へ進行する恐れがあります。肝がんは悪性腫瘍の死亡数の第4位にあり、年間3万人を超える方が亡くなっています。しかし、C型肝炎の早期発見が出来れば、その進行を防ぐことができます。

 | 2009年03月16日(月) 02:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/22-021659ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。