FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009'03.18 (Wed)

日本通運SD労働契約違反裁判日程

4月は梅川さんの「言論の自由」侵害裁判に続き、SDドライバーの労働契約違反の裁判があります。
初めは大きな証拠がなく、裁判するまでにも色々な事があり2年に渡る日通との裁判本当に大変だったと思います。 その結果昨年9月26日にSD労働契約違反裁判勝訴しました笑い。
しかし日本通運側はこの判決を不服とし控訴してきました。この判決を認めてしまうと
日本通運で働いてる全国の沢山のSDドライバーが賃金や労働契約に対して主張せれるのを
恐れてなのか?1審で日通が主張できなかったことがあるのか?でも今回の判決を担当弁護士さんは「異例の判決」と言っている様に、真実は必ず人の心に伝わります。そして明かされます。まだまだこの裁判は続く事になりますが・・・
SDドライバーの人達は今後、日本通運で働いてる同じ立場の人達の中に二度と同じ犠牲者を出さない為にも、まだまだ戦い続けます

下の記事は勝訴した時のものです(大橋家のブログより)また、日通裁判支援する会が結成されております。裁判の方でなくても、記事に書かれているような事を日本通運にされている方でしたら、相談できるそうです。

大阪地裁は9月26日原告4人の主張をほぼ認める原告勝利の判決をくだしました。

 足立裁判長は、”移籍の保障約束”について、原告らが移籍後の賃金について具体的に何も不満もいわずに移籍を同意したのは、「格別な理由があったからであると考えざるを得ない」とし、会社が賃金資料などの提示とは別途に、「口頭で日通淀川運輸の賃金(月例賞金及び一時金)と同額を保証する旨約束したとの事実が認められる」と判断して、原告4人に対して、2480万円の差額賃金の支払いを命じました。

 更に、足立裁判長は、日通に年利5%の利息を付加して払えと命じ、原告には仮執行(差し押さえ)の権利をつける判決をくだしました。

 また日通が労組との労働協約で、賃金を下げたのは、「合理的に解釈すれば、上記労働協約は、原告らの賃金について紛争が存する状況下で、当面、被告が最低限支払うべき金額を定めたものに過ぎず、原告らの賃金についての法的な確定は、その後の関係者の交渉や履践する法的手続きに委ねたものと認めるべきである」と、日通の主張を退けました。
=====================================================================

このような不当な賃下げがあった場合、けっして一人で悩まずに、すぐに管理職ユニオン・関西にご相談ください。また日通に働いている方で、賃金問題・パワハラなどについてお悩みの方は、日通裁判を支援する会にも相談下さい。

日通裁判を支援する会 Tel.Fax 06-6422-3277



SD労働契約違反裁判日程
4月16日大阪高裁13階ラウンド協議室16:30から

これからも応援よろしくお願いいたします
00:43  |  SDドライバー労働契約違反裁判  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●日本通運の詐欺

郵政との合併は難航になるのはいろんな要因
があるでしょうが、しかし、これからは、さらに難しくなる
と思われます。
この不祥事は日本通運の氷山の一角にすぎない。
 | 2009年03月18日(水) 11:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/26-e53d6352

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |