FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009'04.22 (Wed)

日通SD労働契約違反裁判・第3回控訴審の報告です

日通SD労働契約違反裁判・第3回控訴審の報告です

4月16日(木)の裁判期日に合わせ、支える会のメンバーが早朝ビラまきを、日通中津車庫と大阪支店本館前で行い、450枚ほど手渡しが出来ました。新入社員も受け取ってくれました。

ビラの内容は、「おかしい会社の裁判主張」「どうなるJPエクスプレス出向」「SD賃上げ要求ナシで契約社員はゼロ回答、会社の内部留保(貯金)は従業員一人あたり9百万円以上」「カルテル問題(独禁法違反)で25億円の課徴金(罰金)支払」について書かれています。

さて、同日午後4時30分から、大阪高裁の13階ラウンドテーブル法廷で、3回目の弁論準備が開かれました。
傍聴支援者は10人程で、会社側は2人だったので、会社側を奥に追い詰め?法廷内に全員が入ることが出来ました。

女性裁判官は「日通に移籍するときに同じ仕事をしている他の日通社員が一時金をもらっているなら同じ程度の金額を期待したんでは?」と言うような関心を示され、当時、同じペリカン便集配をしている他の日通ドライバー社員への一時金支給実態を調べて報告することになりました。

なお、それぞれの反論書面は終了し、SD側は上記のような補充の書面を提出することが確認され、次回も弁論準備ですが、たくさんの傍聴者が入れる大阪高裁84号法廷で、5月29日(金)午前11時30分に開かれます。

以上が報告内容です

この裁判も始めは、何の大きな証拠もなく、日通側も有利かと思っていたのでしょうが・・・裁判中の色々なやり取りの中で日通側の話・原告側の話を聞き、また、小さな小さな証拠も
出てきて・・・
この裁判でもやはり感じた事は「嘘」や「偽り」は必ず何処かでつじつまが合わなくなったり、反論に関しても行き詰ったりと・・・しかし、どの裁判も原告側は「事実」しか訴えてないので、それが裁判官にきちんと伝わっているのでしょうこのSDの裁判も一審は勝訴しています女性裁判官は「日通に移籍するときに同じ仕事をしている他の日通社員が一時金をもらっているなら同じ程度の金額を期待したんでは?」と言うような関心を示され、当時、同じペリカン便集配をしている他の日通ドライバー社員への一時金支給実態を調べて報告する事になりましたが・・・どこまで日通がきちんと調べ・・・どこまで真実の報告をしてくるか?
皆さんどう思いますかBrilliant.
00:39  |  SDドライバー労働契約違反裁判  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

日本通運はこの裁判に負けたら、社会的な信用がなくなりのて。
日本通運は必死で嘘つくでしょう。でも真実はひとつ
、日本通運は負けるに違いない。
日本通運改革派 | 2009年04月22日(水) 01:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/44-70488862

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |