FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'05.28 (Thu)

王子アスベスト裁判の報告

5月20日 王寺アスベスト補償裁判の模様

 5月20日(水)午後4時から大阪地裁1010号法廷で、ますます増え続ける日通との勇気ある闘いの仲間と支援者が傍聴に駆けつける中、弁論が開かれました。裁判官は大橋家の裁判と同じです。
進行協議と法廷とを交互で行なっているため、先の進行協議で大まかに決めたことを、その後の法廷の中で確認をしながらという状況でした。
まず、準備書面を各々提出し、原告は、葛城労基署に「粉塵調査をしたデーターを出しなさいと」裁判所から要求してもらっています。また、1972年に朝日新聞に掲載された「ニチアスが行政の規制が始まって行なった71年の粉塵調査で濃度が高かった」というデーターを出しなさいと要求しましたが、ニチアスは出す必要がないと答えています。亡くなった本人が働いていたのは1969~1971年の間です。
また、本人は日通の駐在員として事務と作業手配などのためにニチアスの倉庫で作業応援もしながら働いていましたが、「倉庫の中で働いていない」とニチアスは堂々とウソをつきました。その点について裁判官は、「予備的主張はしないか」(「あとで、『倉庫の中に入っていた』と言うなよ」)と釘を刺しました。
証人については、ニチアスが関係者を明らかにせず、日通が所長など3人を明らかにしていますが、余り当時の状況を知らない1人を出そうとしています。原告は、故吉崎さんと一緒に働いたことがあり接触していた、石綿(アスベスト)を吸っている、その他の2人を敵性証人として呼ぶことにしています。
次回の進行協議は7月21日(火)午後4時、弁論は7月29日(水)午後4時です。

いつも思う事は日本通運にしても、ニチアスにしても大手企業でありながら、いざ証拠提出となると拒むのでしょうか?この裁判だけではありません。まして、これだけの大手企業が「もう何年も前の事だから分からない」「証拠を出す必要がない」と言っていますが・・・会社側が何もやましい事がなければきちんと調べ証拠もきちんとだすべきだはないでしょうか?逆にいえば出せないような証拠なのか?
と疑われても仕方ないですね。吉崎さんは生前中皮腫を発症しニチアス駐在で働いていた事が分かりましたが、この時から会社は非協力的で,そして全日通組合にお願いしも動いてはくれず、仕方なく体調不良の中自分で申請し労災も認定されました。労災認定の後、会社への慶弔見舞金の交渉も無視されてしまいました。

皆さんの裁判を見ているとどんな小さな物でもかまいません。何か会社に対して不可解に思う事があれば必ず証拠を取っておいてくださいね絵文字名を入力してください
07:23  |  アスベスト訴訟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/56-8d00bd7b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。