FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.21 (Tue)

日通との進行協議会(大橋家)

6月16日大橋家の進行協議会がありました。

この進行協議は、裁判の最終的な方向を決める重大な協議という事で長男和正さん・妻錦美さん出席のもっと協議が行われました。もちろん内容は、「和解」か「結審」かです。

裁判所は原告である大橋家と日通側を個別に呼び、和解を検討するのなら、どのような条件で和解をするかの聞き取りが行われましたが、結果、大橋家と日通側が出した和解の条件がかけ離れていたので、裁判所は現在の段階では和解は難しいと判断し、裁判所が打診していた和解の案も、特に発表せず、結審へと進む事を大橋家に伝えられました。
大橋家は大橋家以外の裁判傍聴や支援者の話などを聞き、最初から高裁・最高裁まで戦うつもりでいたので、和解にならなくとも、次への戦いを望むところの大橋家

日通側は、我々支援者も「えっ!今さら!」と思う事を・・・それは、結審の前に、
追加証拠として、「イエロカード」を提出したいと申し入れましたので、結審の前に、弁論準備期日が設けられる事が決まりました。

日通と、この「イエローカード」の内容については訴訟を起こした約2年前から争点として争われてきましたが・・・今まで1度も証拠として提出をしてこなかった日通誰でもが「今さら」って思います。大橋家の遺族は日通の社内メールのシステムを当然知りませんが・・・私達は日通の社内メールのシステムは知っています。果して約3年前のメールの内容を証拠としてどう出してくるのでしょうかしかしっどう証拠が出ても真実は1つです。もちろん、日通側も、法を仕事としている弁護士さんがいらっしゃいますので、証拠として出したい為に、急遽、文章を今になって作成したりと偽装する様な事は、日通は当然出来ないはずです。結構、日通は個人アドレスにも営業所アドレスにも毎日、メールが来ますが・・・「イエローカード」の3年前のメールが保存されているとは・・・それとも、きちんとプリントアウトされて残っているのか・・・どちらにせよ、「イエローカード」の内容が今さらですがやっと明かされます。ですので、今後の予定は

8月21日までに日通側が「イエロカード」を証拠として提出

9月3日に弁論準備期日(非公開)-イエロカードについての反論などがあれば準備書面を提出

10月19日に弁論期日(公開)-最終準備書面(いままでの裁判の総括)を提出

そして、いよいよ判決の日が10月19日に決まります!(戦)

そして、ちょっとブログが更新できなかった間に、他にも沢山の日通との戦いがありましたあ
後日、少しずつアップしていきます。

00:59  |  大橋家安全配慮違反  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●うつ裁判

解雇「無効」の判決獲得

 訴えていたのは、東芝の技術者で、休職期間満了後の04年に解雇された重光由美さん(43)。過酷な勤務でうつ病になったのに、労災と認めなかったのは不当として、国に療養給付などの支給を求めていた。今回、東京地裁は労災と認めた。
 重光さんは昨年4月、東芝との民事裁判でも勝訴した。この時、業務に起因する精神疾患を理由にした解雇は「無効」だと、司法の場で初めて認められた。
 労災申請から4年8カ月。重光さんは言う。
「収入もなく、経済的にも精神的にも不安定な状態で裁判を続けてきました。勝訴は一つの突破口かもしれませんが、その負担はあまりにも大きい。こんな思いをしないよう、企業は働く人が病気になる手前の予防対策にもっと力を入れてほしいです」
 | 2009年07月26日(日) 21:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/67-817baf41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。