FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009'07.25 (Sat)

日通SD労働契約違反裁判・第5回控訴審

日通SD労働契約違反裁判・第5回控訴審

7月15日(水)午後4時、大阪高裁84号法廷で、多数の支援の傍聴者が見守る中、弁論準備が開かれました。ちなみに、SD側は弁護士3名と当事者4名、会社側は弁護士1名と労働担当の2名が来ていました。
まず、裁判官から今後の書面の提出予定について聞かれ、会社側は無いと、SD側は「新たな書証」などを提出したいと返事がされました。
次に、争点整理として①移行組の日通との雇用契約は如何なるものか?(SD側は作業会社並みの従来どおりと言う主張、日通側は不利益変更内容を提示し納得したという主張)②移行後の就業規則不利益変更と労働協約締結の効力は移行組に有効か?(日通が主張する労働契約があったとして)③時効の適用は?(SD側は日通に信義則違反があったので時効の援用は不当と主張)が確認され、最終準備書面はそれを踏まえたものにして下さいと指示がありました。
そして、9月25日(金)午前11時30分に大阪高裁84号法廷で結審することが決まりました。
その後、会社側は和解を拒否しているがSD側はテーブルに着くとの事なので裁判官から和解の話が提起され、13階のラウンドテーブル協議室に移り、双方別々に意向打診されました。「会社側はとにかく頑なですね」と言う裁判官の感想が述べられました。しかし、それでもなお裁判官は結審までは和解の可能性を探ってみますと言うことでした。
和解の打診に2度双方が交互に呼ばれたので、会社側への打診の間の時間で、弁護士からの解説と、『日通労働者連絡会』から6月26日の日通株主総会に向けて行われた活動についての報告と今後の活動についての提案がありマスコミに取り上げてもらおうとなりました。また、旧城東ペリカンセンターでの偽装請負問題で7月7日に提訴した原告からの支援の要請がありました。
01:27  |  SDドライバー労働契約違反裁判  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/68-0f1dbf37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |