FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009'07.26 (Sun)

全日通労組「言論の自由」侵害裁判

6月5日(金)午後1時30分、609号法廷でいよいよ証人尋問の時を迎えました。その前に、6月1日付けで根本到大阪市立大学教授の意見書を提出。事実と理論から全日通の「言論の自由・団結権侵害」を明らかにする態勢が整いました。
先ず裁判官が、争点を「削除は不法か?損害はあるか?その額は?」でいいですね、と双方に確認し、証人尋問に入りました。
被告組合側はS大阪支部副委員長が証人台に立ち、削除の大きな理由を、削除した内容(SD契約違反・いじめ自殺・アスベスト補償)がいずれも選挙区である「大阪中央協議会の〟管轄外″で、管轄外の組合員は関心がないから」と証言し、裁判官は「関心がないなら残しても良いにならないか?」と疑問を投げかけました。
原告の梅川さんは、「何故ビラに削除されるような内容を書いたのか?」の反対尋問に対し、「同じ労働者として放っておけないから」と証言。
最後に、裁判官は組合側を〟会社側″と言い間違い「イヤミじゃないよ」で、ドッと湧きました。
今回は、組合側が証人の外に7人を動員してきて傍聴席を陣取り、同じ数の支援の傍聴者を中に入れなくしました。
このあと弁護士会館に移り、森弁護士から、「企業内労働組合が管轄外だと言って企業〟内々″″内々々″組合になってしまっていてビックリ!」「正義があるから負ける気がしない」と解説。梅川さんから「裁判に勝ったら、削除に関わった執行部役員にお金を払わせた上に、罷免要求したい気持ちがある」と怒りを述べられました。

次回は結審

★8月28日(金)
午後4時50分~
大阪地裁609号法廷
この日に、判決の日時が決定します。

10月?か11月頃か?

多数の傍聴参加をお願いします。

裁判終了後に大阪地裁内でミニ報告集会を持ちます。
00:00  |  「言論の自由」の侵害裁判  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyu3119.blog56.fc2.com/tb.php/69-244eb5b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |